日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > アニメ界を駆け抜ける嵐! 勢いでアニメ戦国時代を突っ走るショートアニメの世界
週刊アニメ時評 第28回

アニメ界を駆け抜ける嵐! 勢いでアニメ戦国時代を突っ走るショートアニメの世界

teq.jpgTVアニメ『『てーきゅう』

 今、ショートアニメが熱い! というわけで、今回オススメしたいのはテニス部員の女子を描きながらも、ほとんどテニス要素なしのギャグアニメ『てーきゅう』だ。本作は、通常5分枠内で放送されるショートアニメの中でも、さらにショートな3分枠で放送される超ショートアニメである。


 その魅力はなんといっても、OPテーマを除けば実質の約90秒の本編で繰り広げられる怒涛のギャグとセリフの波状攻撃だろう。異常なテンポの良さで次から次へと展開する本作は、キャラの動きを追いかけるだけでも一苦労。ちょっと立ち止まって考える暇すら与えない構成を見ていると、だんだんと思考を放棄したくなること必至である。現在、ニコニコ動画では第1話から第4話までを無料で視聴できるが、それを立て続けに見ているとちょっとしたドラッグムービーを見ているような、ある種のトリップ感を味わえることだろう。

 また、ファンシーな外見ながら、肉と金と女が好きという超俗物なキャラクター・うーさーの魅力が炸裂する『うーさーのその日暮らし』も出色のショートアニメだ。うーさーを演じるのは、クールなキャラクターからエキセントリックなギャグキャラまでなんでもこいの人気声優・宮野真守。彼の渋い演技とうーさーのビジュアルがシュールな笑いを生む本作は、宮野ファンならずとも彼の声の魅力にハートをつかまれることだろう。この作品も、ニコニコ動画でアーカイブ視聴が可能となっているので、興味がある読者はぜひとも一度うーさーの魅力に触れてほしい。

 このようにテレビアニメの多様化が進む昨今、密かな盛り上がりをみせているショートアニメというジャンルだが、かつてはテレビ局のキャラクターなどを使った低予算アニメやアクの強い個人制作アニメなどが主流であり、言わばアニメファン向けの商売ができるコンテンツではなかった。しかし現在、アニメファン向けのショートアニメがテレビという媒体と並行してニコニコ動画をプラットホームとして発信されていることは、非常に興味深い。

 短い放送時間内に怒涛の勢いで畳み掛ける『てーきゅう』は字幕コメント、弾幕コメントというニコニコ動画ならではの文化や「祭り」というネット特有の現象と非常に親和性が高いといえるし、『うーさーのその日暮らし』の独特の持つ独特のノリは同好の士と実況しながら視聴するのにちょうどいいアングラ感とテンポ感を持っている。

 今回は上記の2タイトルをピックアップしているが、現在アニメファンに受けているショートアニメ作品に共通しているのは、いずれも短時間にインパクトと話題性を視聴者に提示する動画サイト時代ならではの作り方を追求しているという点だろう。

 つまり、これらショートアニメ作品は、ネット配信のために作られたアニメだということだ。もはやアニメを放送するのに、テレビというフォーマットを想定する時代ではなくなったのだ。アニメーションが誕生して数十年。様々な表現が生み出され、進化を続けてきた日本のアニメ文化だが、ネット文化と結びついたショートアニメから、次世代の表現というものが生まれつつあるのかもしれない。
(文=龍崎珠樹)

「週刊アニメ時評」過去記事はこちらから

最終更新:2019/03/01 18:30

アニメ界を駆け抜ける嵐! 勢いでアニメ戦国時代を突っ走るショートアニメの世界のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真