日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉高をモノにした男の“モテ度”

吉高由里子をモノにしたRADWIMPS野田洋次郎 カリスマミュージシャンたちの「モテ度」とは

yuuol862.jpg『フォトエッセイ 吉高由里子のあいうえお』(リトル・モア)

 吉高由里子が人気ミュージシャンのRADWIMPS野田洋次郎と交際中であると発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じ、芸能マスコミを沸かせている。吉高は昨年まで同じくミュージシャンのflumpool尼川元気と交際し、「結婚寸前」との声もあった。

「吉高と尼川は同じ大手事務所のアミューズに所属しており、いわば職場恋愛の形で関係を深めてきました。結婚願望の強い吉高と、バンド活動に力を入れたい尼川の間で次第に溝が生まれ、別れることになったようですが、今でも仲は悪くないようですね。しかし、吉高の次の相手が野田というのは驚きました。野田は一般的な知名度はさほどではないものの、音楽業界ではカリスマ扱いされており、これまでにCharaともウワサになるなど、同業の女性ミュージシャンからの人気もすこぶる高いモテ男です。業界の評価では、野田のRADWIMPSがflumpoolを圧倒しています」(レコード会社関係者)

 “男のランクアップ”を果たした形の吉高だが、関係者によれば「交際はまだ始まったばかり」。女優の長澤まさみもRADWIMPSのファンであると公言するなど、芸能界にも「野田と付き合ってみたい」という女性は少なくない。他方の吉高も恋多き女優として名をはせており、ビッグカップルの行方に注目が集まるところだ。

 それにしても、野田を筆頭に何かとモテるミュージシャン。最新の恋愛事情は、どうなっているのか。

「最近のミュージシャンは安定志向が強くなり、若くして結婚してしまうケースが増え、一昔前のように多数の女性と付き合うようなタイプは少なくなりました。それでもバンド系はやっぱりモテますね。中堅バンドSのボーカルはアイドルとの交際報道後も数々の浮名を流していますし、大御所バンドLのボーカルにもスタッフとの浮気疑惑が出ています。いずれも本人から交際を迫ったというより、“来る者拒まず”で相手が増えているため、周囲はいつバレないかヒヤヒヤしています」(マネジメント関係者)

 他方、ヒップホップやダンス系は一般人気は高いものの、芸能界や音楽業界の女性からは「いまひとつモテない」とのこと。


12
こんな記事も読まれています

吉高由里子をモノにしたRADWIMPS野田洋次郎 カリスマミュージシャンたちの「モテ度」とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

吉高由里子が人気ミュージシャンのRADWIMPS野田洋次郎と交際中であると発売中の「週刊...
写真