日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 巨人・杉内の罰金は500万円?

罰金は500万円!? 巨人・杉内が支払った女性スキャンダルの代償は……

sugiuchis_.jpg「【オーナーズリーグ】[杉内俊哉]
読売ジャイアンツ
スーパースター」
(バンダイ)

 プロ野球・巨人の激励会が22日、都内ホテルで行われ、白石興二郎オーナーが、WBC期間中に一般女性との不倫現場をフライデーされた杉内俊哉投手に異例の苦言を呈した。

 連続日本一を誓う晴れの場で、白石オーナーは「老婆心ながら……」と切り出し、次のように語った。

「巨人ファンの気持ちを代弁してお願いすることがあります。良き選手であると同時に、良き社会人としての行動を常日頃心掛けてもらいたい」

 実名こそ出さなかったが、これが杉内を指していることは明らか。続けて白石オーナーは「伝統ある巨人軍の一員となった以上、自らを律する強さを求められることを肝に銘じてもらいたい」と声を大にした。

 当の杉内は神妙な面持ちでオーナーの話に聞き入っていたが、スーツの下は冷や汗でビッショリだっただろう。

 巨人担当記者の1人は「あれでWBC三連覇していれば問題なかったが、あえなく敗退。杉内のスキャンダルがチームの士気を下げたと言われても反論できない。報道が出た時の白石オーナーの怒りようは凄まじく、すぐにWBCの山本浩二監督に電話で謝罪し、杉内にはきつ~くお灸を据えた」と明かす。

 杉内にはチームに迷惑をかけたという意味で、罰金が科されたが、その額は非公開。前出の担当記者は「大体の金額でもいいから教えてくれ! と頼んだが、最後まで公表されなかった。その時点で担当記者達は『結構な額なんだな……』と察した」と話す。

 関係者の話を総合すると、罰金額は「300万円から500万円」という。1億円プレーヤーの杉内にとって500万円の出費など痛くもかゆくもないかもしれないが、この手のスキャンダルで100万円を超える罰金は珍しいという。何より、ミソをつけたことで杉内の評価は急落。一部ではエースナンバー「18」の“剥奪”もウワサされている。杉内が支払った代償は予想以上に大きいようだ。

最終更新:2023/06/12 20:01
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed