日刊サイゾー トップ > 芸能  > →Pia-no-jaC←ツアーファイナル渋公、そして今年も野音“全曲ジャック”へ──
会場にはアイドルライター小明も!

→Pia-no-jaC←ツアーファイナル渋公、そして今年も野音“全曲ジャック”へ──

pj_shibuko20.jpg

 このピアノとカホンは、明らかに進化している。そう確信させられる渋谷公会堂だった。

 インストゥルメンタルユニット→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)の「→Pia-no-jaC← 5th Anniversary JACKPOT TOUR 2013」ツアーが6日、東京・渋谷公会堂でファイナルを迎えた。

 1月18日の横浜赤レンガ倉庫1号館ホールを皮切りに全国30カ所を巡ったツアーの千秋楽は、当然のようにフルハウス。1曲目の「エリーゼのために」が始まるやいなや観客は総立ちとなり、開始からわずか数分で2,000の客席は手拍子の渦に取り込まれていった。

pj_shibuko02.jpg

 客席はまさに老若男女。その幅広い客層を楽しませるMCもまた、ピアノジャック・ライブの醍醐味だろう。愛嬌抜群のカホン・HIROとクールなピアノ・HAYATOはまるで演奏するように言葉を交わしあい、そして会話するように音楽を奏でてゆく。ときに激しく悲しいメロディの中にも巻き込むようなグルーブが生まれるのは、2人の信頼関係が揺るぎないものであるからに違いない。

 そんな2人の関係性を垣間見ることができるのが、このツアーで恒例となった「大喜利ジャック」のコーナーだ。観客から寄せられたテーマを元に2人が大喜利でフレーズを演奏するこの企画は、もはや円熟の域。ランダムで選ばれた「嵐を呼ぶ男。それは…」「一つの恋愛が終わったばかりなので、私のテンションが上がる励ましの曲」という掴みどころのない2つのテーマは瞬時に咀嚼され、次の瞬間にはそこにメロディが発生している。左手でベースラインを奏でながら展開を相談しようとするHAYATOと、「あなたは!?」「嵐を呼ぶ男だ、グハハハハ!」と勝手にひとり芝居を始めてしまうHIROとの絶妙な掛け合いに、観客はただただ笑顔になるしかない。

pj_shibuko08.jpg

 序盤を終え、HAYATOを残して着替えに入るHIRO。その間、サウンドプロデューサーの“のぶP”こと樫原伸彦氏のDJとHAYATOのセッションが行われる。

12

→Pia-no-jaC←ツアーファイナル渋公、そして今年も野音“全曲ジャック”へ──のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

コント番組が乱立、区別つかず!? 

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

高畑勲、宮崎駿も闘った東映動画労使対立の真相

このピアノとカホンは、明らかに進化している。そう確信させられる渋谷公会堂だった。 インス...
写真