日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 天海祐希は低視聴率女王?

天海祐希『女信長』フジ社運賭けるも、1ケタ大惨敗「予想されていたことなのに……」

onnnanobunaga.jpg『女信長』フジテレビ

 フジテレビが“社運を賭ける”とまで息巻いていた2夜連続ドラマ『女信長』が、2夜ともに視聴率1ケタの大惨敗を喫した。同作は天海祐希を主演に、内野聖陽、西田敏行、小雪、伊勢谷友介、長澤まさみ、玉山鉄二、佐藤浩市といった“映画の主演クラス”を揃え、さらに音楽を久石譲が担当した超大作。放送前は「20%も狙える」との評判だったが、フタを開けてみれば5日放送分が8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、6日にはさらに0.2ポイント下げて8.7%という結果となった。


「上層部にとってはショッキングな数字だったんでしょうが、現場レベルでは予想されていたこと。『信長が女だった』という企画のドラマ化そのものに異論もあったし、主演の天海祐希さんに対しても“陰の低視聴率女王”という評判でしたからね」(フジテレビ関係者)

 天海は昨年、同局の木曜22時枠で『カエルの王女さま』に主演し、平均視聴率9.1%。2010年にも『GOLD』でも8.9%と2ケタを割り込み、ヒロインを務めた織田裕二主演の大作映画『アマルフィ』も大コケしている。

「それに、『女信長』はもともと昨年の年末ドラマとして制作されていたのが、音楽をお願いした久石譲さんが『完成してからじゃないと作曲できない』と言いだし、延び延びに。結局、中途半端な時期の放送になってしまった。『こんなことなら、社内スタッフで作曲すればよかった』なんて、シャレにならない話も聞こえてきますよ」(同)

 かつて“視聴率王”としてテレビ界を席巻していたフジテレビ。社運の賭けどころを間違えたかも!?

最終更新:2013/04/11 12:00
こんな記事も読まれています

天海祐希『女信長』フジ社運賭けるも、1ケタ大惨敗「予想されていたことなのに……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

フジテレビが“社運を賭ける”とまで息巻いていた2夜連続ドラマ『女信長』が、2夜ともに視聴...
写真