日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 角川書店社長×ブシロード社長 立てよオタク! 運命の邂逅 オタク社長”頂上”対談 

角川書店社長×ブシロード社長 立てよオタク! 運命の邂逅 オタク社長”頂上”対談 

【サイゾーpremium】より

 日本経済の低迷が叫ばれていた近年、その中でマンガやアニメといった、いわゆる”オタク産業”は、日本を代表するコンテンツへと着実に成長を遂げた。そこへ綺羅星のごとく現れたのが、株式会社ブシロード。同社社長の木谷高明氏は、圧倒的な広告量によって今、カードゲーム市場を拡大せんとしている。そんな氏が、オタク業界で盤石の地位を固める角川書店社長・井上伸一郎氏と邂逅。2人のオタク社長が交差するとき、日本経済を救うオタトークが始まる──。

1305_otaku_01.jpg(写真/田中まこと)

 カードゲームに興じる2人の紳士。カードの采配に一喜一憂する彼らこそ、日本が誇るオタクカルチャーとビジネスを牽引するキーパーソンなのだ。クールに手札を切る御仁(写真右)は、角川書店社長・井上伸一郎氏。今年3月には、角川書店をはじめ、メディアファクトリー、エンターブレインといったアニメ、ゲーム、ライトノベルを多角的にメディア展開するグループ傘下9社を「株式会社KADOKAWA」へと統合することで話題を集めた。そんな氏と対峙するのは、世界一のTCG(トレーディングカードゲーム)企業を目指す株式会社ブシロード社長・木谷高明氏(写真左)。タレント・DAIGOが、プロレスラー・棚橋弘至と荒野でカード対戦をしているCMを見たことがある人は多いだろう。このCMのTCG『カードファイト!! ヴァンガード』や、アニメやゲームなどを起用したTCG『ヴァイスシュヴァルツ』(写真)などを製作しているのがブシロードだ。現在、TCGの国内市場規模は1000億円といわれている。業界シェア1、2位のコナミ、タカラトミーを猛追するブシロードは、創業からわずか5年目の12年度、グループ連結売上高で、初年度のおよそ50倍に当たる150億円超を記録。同年にはプロレス団体・新日本プロレスリングを買収するなど、最強のエンターテインメント企業へと急成長中のオタク企業なのだ。そんな日本のオタク産業を背負って立つ2人のオタク・マイスターに、オタクビジネスの「現実」と「未来」を熱く語り合ってもらった。

──今回は、日本のオタクビジネスを牽引するお二方にお話をうかがいます。お2人は、もともとお知り合いなんですよね?

木谷高明(以下、木谷) 最初に会ったのは、井上さんがアニメ誌『ニュータイプ』(角川書店)の編集長をやっていた97年くらいですね。僕が当時代表を務めていたブロッコリー【編注:木谷氏が創設したアニメやキャラクタービジネスを展開する企業】で作ったアニメの掲載をお願いしに行ったのが最初。2回目は、作家のあかほりさとる先生と飲んでいて、『前にお会いした時に失礼なことしませんでしたか』っていきなり言われたのを強烈に覚えてます。

井上伸一郎(以下、井上) それは全然覚えてない(苦笑)。

木谷 2回目は酔っ払ってたから(笑)。井上さんは今でこそ社長という紳士を装ってますが、当時はやんちゃなオタクという感じでしたよ。

井上 今も中身は変わってないです。夜の街に出ても女子がいるお店に行くのがあまり好きじゃなくて、当時はいろいろな人と会って明け方近くまで飲んでいましたね。

木谷 作家と仲良くなるために飲むという、昔ながらの編集者のイメージです。そんな出会いだったから、印象に残ってます。

井上 私も、(木谷氏は)よく飲みに行って、夜になると元気になる方と感じてました(笑)。

──お2人は、”オタ友”というわけではないんですか?

井上 私は普通のアニメやマンガのファンよりも、作品を見ている数はずっと少ないと思います。昔見た作品の細部を普通の人より覚えているので、たくさん知っているように見えるのかもしれません。20代からアニメ雑誌を作り始めたので、仕事と実生活が一緒になったという感じですね。

木谷 僕もゲームやマンガは好きでしたが、オタクとは言えないと思います。アニメも全然見てない。ただ、プロレスはずっと見ていて、専門誌は必ず買ってました。

井上 私もプロレスファンだから、そっちの趣味のほうが近いかも。

木谷 僕らの子ども時代の60~70年代は、親の世代に”アニメ”という言葉がなく、”テレビマンガ”と呼ばれていた時代だった。だから、小学校高学年でアニメを見ていると『いつまでそんなのを見てるんだ』と言われてました。

井上 アニメや特撮をよく見ていて、中1くらいまで自分で『怪獣ノート』を編集してたんです。『ウルトラマン』などに出てくる怪獣の特徴をまとめて、雑誌の写真を切り貼りして作った自作の怪獣事典です。当時から編集者気質だったんでしょう。でも、母親に見つかって捨てられましたね(笑)。

木谷 僕が今の子どもだったら、プロレスファンでなく、アニメファンになっていたと思います。プロレスは夕方にやっていて、親に見せてもらえた。それがプロレスが深夜に追いやられて、アニメはゴールデンでも深夜でも放送されるようになっている。内容にもよりますが、今は親の世代もアニメを見て育っているから、ドラマと同じ感覚でアニメを見られる。昔とは時代背景が違うでしょう。

■カードはインフラビジネス?オタク産業のビジネスモデル

1305_otaku_05.jpg『カードファイト!! ヴァンガード』のマンガは「ケロケロエース」(角川書店)で連載されている。

──そんな状況を反映してか、ブシロードはCMスポットを至るところに投下していますね。放送中のアニメを見ると、ほぼ必ずブシロードのCMが入っていますし、ゴールデンのバラエティ番組でも見かけます。木谷さんの自著『煽動者』(ホビージャパン)の中で、「目に入りすぎてウザい」という批判もあるほどの大規模な広告投下の目的は、認知度拡大とTCG市場自体の拡大のためだ、と。

木谷 これだけ広告にお金をかけるという采配は、僕が現場をわかっていて、なおかつオーナーだからできることなんです。『機動戦士ガンダム』で例えると、社長自らが手動で機体を動かして、有視界で飛んでいるようなもの(笑)。それは時として無計画になるリスクがあるので、これ以上会社が大きくなれば無理だと思います。ブシロードもちゃんとリスク管理をしつつ、今年中には自動運転に切り替えないといけません。

──社長の独断でジャッジを下せるのは、ベンチャーだからこそできることですね。一方で角川書店は、大規模なグループ会社に属しています。社長としての仕事も違ってくるのでしょうか?

井上 私は角川書店の社長であると同時に、角川グループホールディングスの専務でもあるので、半分以上はホールディングスの仕事をしています。角川グループホールディングスは6月、『株式会社KADOKAWA』に社名変更を行い、その後10月1日に、出版・映像系子会社9社を吸収合併します。これはデジタル時代に対応した、IP(知的財産)の活用を可能にするためです。私は、書籍と映像部門を統括するエンターテインメント・コンテンツクリエイション事業統括本部の本部長を拝命します。そうなった時に、いろいろな出版社やゲーム会社、映画会社といったグループの総合力をいかに発揮していくか。今は地ならしに注力しています。

木谷 軍隊で言うと角川書店さんは大軍だから、大戦力でユーザーを取り囲んじゃえばいいんです! でも、うちは少数精鋭。全力で挑んで、ひとつ勝ったら次はその兵力で別の所に挑まないといけない。

井上 そのほうがやりやすくてうらやましいと思います(笑)。角川グループは急激に企業規模が拡大し、出版社だけ見ても重複する機能を持っている会社が共存している。どの社もマンガをやってライトノベルもやってる、と思われるかもしれない。けど、会社ごとに一つひとつ違う歴史と文化があって、その少しの違いを理解して最大限の力を発揮してもらうにはどうしたらいいかと考えたり、新たな課題やハードルを越える方法を考えるのは楽しい。社名をKADOKAWAと英字にするのは、ネットや海外を意識して、日本のローカルな出版社から脱却することを目指していくからです。一方、角川書店やエンターブレインなどの企業名はブランドカンパニーとして存続します。電撃文庫や「Walker」などのレーベルや雑誌名のブランドも大切にし、各出版社が築いてきた読者との信頼関係は堅持していきたい。

木谷 角川書店さんは、メーカーや作家さんに対するインキュベーター(起業支援者)としての役割を持ってらっしゃる。それは総合力を持った出版社の強みでしょう。オタクベンチャーだと、コンテンツ制作から流通までを全部自前でやらないといけない。うちの『探偵オペラ ミルキィホームズ』のように、柱になるタイトルコンテンツをきっちり作って、本数を増やしていくことを常にやっていかないといけないんです。

井上 今はニコニコ動画など、ネットの世界に若い才能が集まっています。そういう人の作品を世界に向けて発信してみたらどうだとか、我々が手助けできればと思います。社名がKADOKAWAになっても、オタク心を忘れてエスタブリッシュメントになるのではなく、そうやって次世代にオタク心の文化を引き渡していきたいです。

木谷 ブシロードは『カードゲーム世界一を目指す』という目標を掲げていますが、つまるところ、やっているのはインフラビジネス。現在、当社のTCG大会に参加されている方は世界で延べ25万人ほどいます。うちは大会をやってコミュニティができることをプラットホームと呼んでいて、そのコミュニティにコンテンツを提供して消費してもらっている。いろんなプラットホームの切り口があると思いますが、もうプラットホームしか儲からないと思います。最近立ち上げた『ブシモ』というスマホのゲームブランドも同じことです。

まだまだ続くオタク社長”頂上”対談!! 続きはコチラから!

1305_otaku_02.jpg

木谷高明(きだに・たかあき)
1960年、石川県生まれ。株式会社ブシロードグループパブリッシング社長。武蔵大学卒業後、山一證券に勤務。94年にブロッコリーを設立するも、07年に同社の連続赤字などを受け退社。同年にブシロードを設立。ブシロードが主催するプロレス興行において、コスプレをして”キッダーニ男爵”として登場することもある。著書に『煽動者 徹底プロモーション 仕掛人の哲学』(ホビージャパン)。


1305_otaku_03.jpg

井上伸一郎(いのうえ・しんいちろう)
1959年、東京生まれ。角川書店代表取締役社長、角川グループホールディングス代表取締役専務。大学在学中からアニメ雑誌「アニメック」(ラポート)の編集者として活動。87年にザテレビジョン社(現・角川書店)に入社。アニメ誌「月刊ニュータイプ」の創刊に参画し、同誌編集長となる。07年より角川書店の社長になる。特撮ファンとしても知られている。


「サイゾーpremium」では他にもオタクビジネスに斬り込む記事が満載です!】
『ヤマト』も『まど☆マギ』もオタクの内輪受け!? 総集編アニメ映画急増の理由
不祥事で人気声優が移籍!? アニメ誌が絶対書かない、隠されたオタク業界の”闇”
なんと! PTAも真っ青 “騎乗位”も”近親相姦”も描く地上波エロアニメ過激化の真相

1lineimg.jpg

「サイゾーpremium」とは?
雑誌「サイゾー」のほぼ全記事が、
月額525円読み放題!
(バックナンバー含む)

最終更新:2013/04/21 09:30

角川書店社長×ブシロード社長 立てよオタク! 運命の邂逅 オタク社長”頂上”対談 のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

吉田鋼太郎、結婚離婚を繰り返し…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

「混ぜるな危険」の行き着いた先

日本経済の低迷が叫ばれていた近年、その中でマンガやアニメといった、いわゆる”オタク産業”...
写真