日刊サイゾー トップ > 芸能  > 【市原隼人】和解は逆効果?

モノマネ激怒騒動で「器が小さい」批判殺到の市原隼人が花香よしあきとひっそり和解も逆効果!

ichiharahayato0425.jpg市原隼人オフィシャルブログより

 俳優・市原隼人が不快感を示していたモノマネタレントの花香よしあきとひっそり和解していたことが明らかになった。

 これは市原の熱っぽい仕草を茶化しながらモノマネして笑いを取っていた花香に対し、市原本人がブログで「馬鹿にしてなめるとしか思えない」と激怒したことに端を発する。ネット上では花香ではなく市原に「器が小さい」と批判が集中。ちょっとした騒動になっていた。


 そんな中、花香が21日付のブログで、市原と直接対面し「意気投合」したことを告白。「いろんな流れでお会いすることができまして市原隼人さんとたくさんお話をさせてもらいました。仕事に対する姿勢がとてもすごい人でボクも見習わなくてわと思いました」と綴り、「話しをしてるうちに意気投合しいつか、いっしょになにかやれたらいいですね。と笑いながら話しました」(原文ママ)と確執が解消したことを明かした。

 また会った印象について「市原隼人さんは、すごくすごくイイ人ですよー」とし「ボクは、市原さんが大すきで以前からモノマネさせて もらってましたがお会いしたらますます好きになり リスペクトの気持ちがどんどん大きくなっていきました。(中略)これからも変わらず大すきな市原隼人さんのモノマネを全力でやらせていただきます」と尊敬の念を込めて誓った。

 だが、ネット上ではうがった見方が多い。大半が「これ以上のイメージダウンを恐れ、市原サイドが“火消し”に走った」と見ており、中には市原が大手プロダクション所属なことから「業界の力が働いた。花香は無理やり書かされたんだ」とする意見もあった。真相は不明だが、花香の異様なまでのヨイショぶりに疑問を感じるのも事実。これで一件落着とはいかなそうだ。

最終更新:2013/04/25 11:24
関連キーワード

モノマネ激怒騒動で「器が小さい」批判殺到の市原隼人が花香よしあきとひっそり和解も逆効果!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

俳優・市原隼人が不快感を示していたモノマネタレントの花香よしあきとひっそり和解していたこ...
写真