日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『遺留捜査』急落の原因は相棒!?

初回14.6%の上川隆也『遺留捜査』が1ケタ台に急落! 原因は超人気ドラマ『相棒』にアリ!?

iryusousa0425.jpgテレビ朝日『遺留捜査』公式サイトより

 初回平均視聴率14.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好スタートを切り、「前シリーズを上回る好発進!」と大々的に報じられた連続ドラマ『遺留捜査』(テレビ朝日系)が、24日放送の第2話で9.8%まで急落してしまった。

 『遺留捜査』は、上川隆也演じる心優しい刑事が、遺留品から事件の真相に迫る1話完結の刑事ドラマ。今クールでシリーズ3弾目となり、これまで最高視聴率17.0%をマークするなど安定した人気を誇っていた。

 「糸村(上川)の変人ぶりが見てて楽しい」「刑事ドラマの中でも見応えがある」とファンも多いはずの同作。今回のように平均視聴率が10%を切ってしまったのは、シリーズを通しても初めてなだけに、原因が気になるところだ。

「この水曜9時枠は、いつも絶大な人気を誇る『相棒』が放送されている枠。3月で終了した『相棒 Season11』の視聴者が、そのまま『遺留捜査』の初回を見ていたため、好発進となったのでしょう。しかし、『なんか違う』『やっぱり《相棒》のほうが面白い』という印象が残り、早々と見切りを付けてしまったのではないでしょうか」(テレビ誌記者)

 確かにネットでの評判を見ても、「『相棒』と比べてしまうと全然面白くない。早く次の『相棒』シリーズが見たい」「女優の犯罪の罪をかぶり、誤解されて殺されるこの展開は、『相棒』で見たことある気がする!」「この時間帯は『相棒』なのに……早く『相棒』始めてほしいです」など、終わったはずの『相棒』のことばかりが目に付いた。

 『相棒』のイメージが定着してしまった、テレ朝の“水曜9時枠”。同枠で刑事ドラマを放送し続ける限り、比較されてしまうのは、今後も避けられないのだろうか。

最終更新:2013/04/25 20:10

初回14.6%の上川隆也『遺留捜査』が1ケタ台に急落! 原因は超人気ドラマ『相棒』にアリ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

500万円で映画主演権を買った一般女性とは

初回平均視聴率14.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好スタートを切り、「前...
写真