日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ビッグダディ告白本がバカ売れ!

ビッグダディ告白本対決は「元妻」の勝利! 『ハダカの美奈子』売り切れ店続出の理由

big0425.jpg『ハダカの美奈子』(講談社)

 ビッグダディの元妻・林下美奈子さん(30)が、自身の壮絶な過去を告白した書籍『ハダカの美奈子』(講談社)が今月1日に発売され、昨今の出版業界では珍しいほど爆発的な売れ行きを見せている。

 同書は、15歳で妊娠した過去や、親からのDV、殺された元彼、ビッグダディとの性生活など、タイトル通り美奈子さんを丸裸にしたような内容だ。

 4月26日に発売されたビッグダディこと林下清志さんの著書『ビッグダディの流儀』(主婦と生活社)との“告白本バトル”が注目されていたが、現段階では美奈子さんが圧倒的優勢。一部報道によると、売り上げ部数の見込みは『ビッグダディの流儀』が15万部なのに対し、『ハダカの美奈子』は30万部だとか。

 『ハダカの美奈子』が発売されると、ネット書店「Amazon」のセールスランキングで、前日に発売されたEXILE ATSUSHIの著書や、大泉洋のエッセイなどを抜きトップに。同サイトで瞬く間に在庫切れ(5月2日現在)となり、さらに街の書店でも売り切れ店が続出しているという。

「美奈子さんのほうは、発売日の入荷分はすぐに売り切れてしまいました。ビッグダディの本でしたら、在庫はございます」(MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店の店員)

 もちろん『ビッグダディの流儀』の15万部も十分な数字だが、なぜ主役を差し置いて、番組で脇役だった元妻の本がバカ売れしたのだろうか。

「内容の過激さはもちろんですが、女性読者層の厚さの差ではないでしょうか。特に主婦は、他人の家の不幸な話が大好き。しかも、それが芸能人でなく、“半芸能人”の美奈子さんなら、リアリティも十分。ネットでは、本を読んだ主婦から早くも『美奈子さんの半生を昼ドラにしてほしい』という声も上がっているそうです」(書評ライター)

 これからますます売れ行きを伸ばしそうな両著書。現在、盛岡に開業した接骨院「盛岡屋」で働く清志さんと、宮崎県で6人の子どもと暮らす美奈子さん。今後、今回の本のヒットで得た印税で、より幸せを得るのはどちらなのだろうか。

最終更新:2013/05/04 11:00
こんな記事も読まれています

ビッグダディ告白本対決は「元妻」の勝利! 『ハダカの美奈子』売り切れ店続出の理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

ビッグダディの元妻・林下美奈子さん(30)が、自身の壮絶な過去を告白した書籍『ハダカの美...
写真