日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 肉食系の上をゆく【恐竜女子】
珍バカライター・北村ヂンの「メンズファッション誌・激ヤバ企画ランキング」

口癖は「3Pしてぇ~」!? 肉食系女子のさらに上をいく“恐竜女子”現る!

menz0508.jpg

 ゴールデンウィークも終わっちゃいましたね。みなさん、どんな感じで過ごされましたか? ボクは、学生時代の超・モテないカリカリの童貞期を共に過ごし、童貞をこじらせすぎたあまり「オシャレなヤツは敵、ギャル男には死を!」くらいのヤバイ思想を共有していた親友が久々にウチに遊びに来てたんですが、この連載のために毎月大量に買っているメンズファッション誌を発見され「お前……変わったな」と白い眼で見られてしまいました。

 「ちが……違うんだ、コレにはワケが! 仕事に……仕事に使うんだよ!」と、懸命に弁解したものの、あんまりうまく説明できませんでしたよ。

 そんな悲しい出来事にもめげず、今回もメンズ誌のどーかしている企画を紹介ちゃいMaxx!

【4月のメンズファッション誌・激ヤバ企画ランキング】

1位「ヤリチンもお手上げ!? 恐竜女子の真実」(「men’s egg」6月号)
2位「女の子も燃えるみたい・正しい学校SEX」(「samurai ELO」6月号)
3位「みんなのハヤリ&ハマリモノ50連発」(「MEN’S KNUCKLE」6月号)

■マイミク300人超え、ニコ生よりもツイキャス!?

 ストリート・スナップの写真につけられるキャッチフレーズがスゴイことで知られる「MEN’S KNUCLE」「Men’s SPIDER」ですが、今月は「Men’s SPIDER」がお休みなので(隔月刊だから)メンナクのほうだけ紹介。

「オレがダンスまで得意ってのはヤバいだろ?」(ヤバい……んですかねぇ?)
「自分史上、今と未来のオレが一番カッコいい」(すごいのかすごくないのかよく分かりません)
「大人な街では微糖フェロモンを放つ“美闘男子(びとうだんし)”が勝つ!」(口に出して言いたくなる日本語「美闘男子」!)

 今月号ではキャッチフレーズに加えて「意外な内面ギャップ」も紹介されているのですが、「男の涙ほどかっこいいモノなどない!!」というキャッチをつけられた人がフキダシで「泣き虫なんです…」と言っていたり、「シュールな笑いのセンスもモテ男の必須科目だ」という人が「COWCOW多田似(笑)」だったりと、かなり笑わせてもらいました。メンナクさん、今後もコレやってください!

 さて、そんなメンナク、今月号の注目特集は「みんなのハヤリ&ハマリモノ50連発」。メンナク読者500人にアンケートを実施して、ギャル男たちの生態をさまざまなランキングを通して明らかにしているのですが、ボクらカツアゲされてた系男子にとっては未知の世界すぎるランキングです。

 そもそも質問からしてどーかな、というものが多くて、たとえば「キングオブロック『ラルク』の名曲は?」って……。ここでいう「ラルク」とは、もちろんL’Arc-en-Cielのこと。ラルクに名曲はいっぱいあるかもしれないですけど、(ボクは1曲も知らんが)「キングオブロック」だったなんて初耳ですよ! 日本でキングオブロックっていったら永ちゃんとかさぁ、清志郎とかさぁ……こんなこと言ってるの、おっさんだけなのかな?

 「好きなミュージシャンは?」というランキングでも、ラルクは4位。そして1位はEXILE。わ……分かりやすい。「EXILEってメチャクチャ売れてるらしいけど、周りにファンなんてひとりもいないけどなぁー」と思ってましたが、ここにいたんですね。ちなみに「AKB48の推しメンは?」もちろん板野友美が1位。「好きなAV女優は?」明日花キララが1位。そのまんまですね。

 さらに「みんな大好き『ABC』の名曲は?」に関しては質問自体がよく分からない。「ABC」の名曲なんて、少年隊の「ABC」しかないでしょう! もしくは「ABCは知ってても~それだけ~じゃ困ります」の旺文社LL英語教室のCMソング。あとはオナニーマシーンの「恋のABC」とかアルファベットの「ABCの歌」くらいしか知らないよ(結構あったね)。……と思ってたら、この「ABC」とは「Janne Da Arcのyasuによるソロプロジェクト」とのこと。ふ、ふぅ~ん、そんなに「みんな大好き」なんですね。

 驚いたのは「マイミクは何人?」の平均304人という結果! 最高じゃなくて、アンケートをとった500人の平均ですよ。みんな、そんなに友達いるんですね。……というか、ギャル男たちはいまだにmixiをやってるんですねぇ。ボクのマイミクたちは完全に過疎ってますよ。「君のまわりで流行っているモノは?」の1位も「ツイキャス」(動画の生配信サービス)らしいですし……。ニコ生やUSTREAMよりもツイキャスが流行ってるんだ!?

mennaku0508.jpg

 かつてはオタクしかやってなかったインターネットがようやくギャル男やギャルにまで浸透したと思いきや、同じネットの中でもギャル男たちとボクらでは全然違う文化圏なんですね。ちなみに「流行っているモノ」4位の「ぎゃるる」ってこの特集を読んで初めて知りましたが、「ギャルと出会える人気アプリ。出会い厨必見!」らしいのでボクも早速ダウンロードしてみようと思います(ワクワク)。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真