日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > 【矢口真里】芸能生活ピンチ!? 

矢口真里“自宅連れ込み不倫”疑惑発覚で芸能生活ピンチ! 離婚慰謝料の可能性も……

yaguchifurin.jpg矢口真里写真集『OFF』(ワニブックス)

 矢口真里の不倫発覚で所属事務所の関係者は大慌て、出演していたレギュラー番組や広告主などへの説明に追われているという。

「事務所側は“事実確認中です”として時間稼ぎをしている様子ですが、あるテレビ局には“本当ならテレビに出すな”という視聴者のクレームがすでに入り始めている。騒ぎが拡大すれば、最悪の場合、出演中のものはすべて降板となる可能性もあり、かなりヤバい状況です」(芸能関係者)

 問題が明らかになったのは21日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)で、矢口は2月22日に飲み会で知り合ったモデル男性と自宅に戻ってベッドイン、そこにドラマの地方ロケに出ていたはずの夫・中村昌也が予定より早く帰宅し、鉢合わせになったとされる記事だ。矢口は友人である小森純や元モーニング娘。のメンバーらに相談していたというが、約1週間前に別居が発覚した際は中村の事務所は「ささいなこと」として、離婚に至るような話ではないと説明していた。

 ただ、その時点で記者間では「よほどの大問題があったようだ」という話は飛び交っていた。

「何しろ矢口が自宅を出て新たに借りたマンションは、実家の近く。ささいなケンカで出ただけなら実家に泊まればいい話でしょう。新居には新品の大きな家具が次々に運び込まれているのを住民が目撃していて、長期的な別居になるか、もしくは離婚が確実なのだろうとみられていた」(週刊誌記者)

 もともと収入格差の大きい夫婦で「長く続くのか」と心配の声も多かったが、「実のところ、関係者間では収入より矢口の浮気のほうが心配は大きかった」と同記者。

「圧倒的に収入が上の矢口が主導権を握っていたカップルで、何をするにも中村が文句を言えないような雰囲気だった。その矢口は大のイケメン好き、誘われた合コンはまず参加男性の名前を聞いて、好みのタイプがいればたとえ交際相手がいても参加してきたぐらいで、結婚後も中村がそれをストップできないなら、危ないんじゃないかとみられていたんです」(同)


12
こんな記事も読まれています

矢口真里“自宅連れ込み不倫”疑惑発覚で芸能生活ピンチ! 離婚慰謝料の可能性も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

港区女子ひとみんの人生観とは?

 港区女子の生態について明かしてくれたひとみん(@htm_192)。多種多様な人物た...…
写真