日刊サイゾー トップ > 芸能  > 反町の影響で犬の価値が下落!?

「ドーベルマンの価値が下がった!?」反町隆史&松嶋菜々子夫妻の“怒り”がペット業界に与える影響

sorimachi0528.JPG「toyota.jp ヴォクシー」公式サイトより

 俳優の反町隆史と、妻の松嶋菜々子が自宅マンションで飼っていたドーベルマン“カイザー”が隣人に噛み付いた事故がきっかけで、東京地裁から夫妻に、管理会社に対する損害賠償の支払いが命じられた騒動。発売中の「週刊文春」(5月30日号/文藝春秋)は、反町は判決に納得がいかずに「相当ストレスを抱えている」と報じている。

 記事によると、反町がゴールデンウィークに別荘で釣りをして過ごした際、釣り仲間に『一人で釣りをしていると日ごろの嫌なことも忘れられる』『相手の言い分がおかしい。早く忘れたい』などと漏らし、怒りをあらわにしていたという。

 また、夫妻は現場となったマンションをすでに引っ越しているものの、カイザーは訓練施設に一時的に預けられたのち、現在は反町一家の元へ戻っているという。

「事故の起きたマンションは大型犬の飼育が禁止だったにもかかわらず、反町夫妻はその規定を無視して、体長1メートル近いカイザーを飼っていたそうです。現在の住まいでは禁止されていないようですが、今回の騒動が世に出てしまってからは堂々と散歩もできないでしょうね」(芸能記者)

 イラついているのは反町だけではない。ドーベルマンのイメージを悪くしたとして、ペット業界や愛犬家たちも黙っていないようだ。

「最近、お客様から『反町さん家みたいに、他人に突然噛み付くことはあるのか?』とよく聞かれるようになりました。今後、もし反町さんが控訴して泥沼化でもした場合、長らく安定していたドーベルマンの価値が、一時的に下がる可能性もあるでしょうね……」(ドーベルマン・ブリーダー兼ドッグショップ店主)

 また、この店主は、反町がイメージキャラクターを務めるトヨタ「VOXY」のメインビジュアルで、反町と犬が一緒に写っていることについても苦言を呈し、「今後、反町さんと犬を結びつけるのは一切やめてほしい」と訴える。

 この先、反町の怒りは収まるのだろうか? タレントの与える影響力は多大なだけに、ドーベルマン愛好家は彼の動向が気が気でないだろう。

最終更新:2013/05/28 15:00
こんな記事も読まれています

「ドーベルマンの価値が下がった!?」反町隆史&松嶋菜々子夫妻の“怒り”がペット業界に与える影響のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

オタク議員・荻野稔氏辞職へ

俳優の反町隆史と、妻の松嶋菜々子が自宅マンションで飼っていたドーベルマン“カイザー”が隣...
写真