日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > 【合コン番長】矢口真里の手口

イケメンを指名しまくっていた“合コン番長”矢口真里 擁護しているのは合コン仲間ばかり……

 また、矢口は初対面の男性が酒好きかどうかをすごく気にしていたという。

「自分が指名して呼んだ男性が酒に弱い人だったりすると、途中女子トイレで“あいつ使えねぇ~”と陰口を言ったり」(同)

 その意味で梅田は矢口と同じ日本酒を大好物としており、過去のブログでも度々、飲酒について書いていたほど。矢口にとって、これは合格ラインだったようだ。

 一説には、別れた夫・中村昌也と知り合ったのも、矢口主催の合コンだったともいわれるが「好みの男性を次から次へと呼べる“ホスト状態”は、結婚してもやめられなかったのかも」(同)という。

 ただ、3月からは矢口主催合コンの話がピタッと途絶えていたというから、さすがに不倫発覚でそれどころではなくなっていたようだ。

「それを残念がっている人もいるでしょうね。メディアを通じてやぐっちゃんにエールを送っている、はるな愛ちゃんや森泉さんも、合コンの参加者でしたから」(同)

 いまや引退危機にすら陥っている矢口だが、独身に戻ったことで、イケメン漁りの合コン再開は意外と早いかもしれない。
(文=鈴木雅久)

最終更新:2013/06/03 15:38
12

イケメンを指名しまくっていた“合コン番長”矢口真里 擁護しているのは合コン仲間ばかり……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

東方神起・ユンホ“19禁MV”の凄味

────劇場か、配信か。映画の公開形態はこのどち...…
写真
インタビュー

動物の交尾やマリファナをモチーフのスノードーム

不倫発覚で夫との離婚を発表したタレント・矢口真里だが、その“合コン番長”ぶりが話題になっ...
写真