日刊サイゾー トップ > 芸能  > リア・ディゾンに“冷たい視線”

「日本をポイしたのは彼女のほう!?」3年半ぶり復帰のリア・ディゾンに“冷たい視線”

leah_0604.jpgリア・ディゾン オフィシャルブログより

 2010年末にスタイリストのBun氏と離婚後、アメリカに演技の勉強のため帰国していたタレントのリア・ディゾン(26)が2日、日本で活動再開することを発表した。

 リアの復帰第1弾は、セガの人気ゲーム『サムライ&ドラゴンズ』のテーマソング制作プロジェクト。詳細は明らかになっていないが、どうやら女優よりも歌手としての活動がメインのようだ。

 リアといえば、アメリカでレースクイーンやカタログモデルとして活動したのち、06年に“グラビア界の黒船”のキャッチフレーズで日本デビュー。たちまち人気を博し、07年には『NHK紅白歌合戦』へ出場を果たすも、人気絶頂の最中、08年に突如“できちゃった結婚”を報告。当時、ファンに涙ながらに「ポイしないで」と訴える姿がテレビで繰り返し流れた。

 10年に離婚すると、演技を学ぶためアメリカへ帰国。彼女が通う学校関係者から「在籍はしているが、あまり登校はしていない」との証言が出ることもあったようだが、12年12月以降はニューヨークでオーディションを受けたり、舞台に出演するなど、女優として地道に活動していた。

 今回、3年半ぶりに日本で大きな仕事が決まったリアだが、実は11年にも、CM出演を皮切りに日本で活動を再開する話が出ていたという。来日が遅れた理由は、なんだったのだろうか?

「東日本大震災による原発事故が起き、リアが放射能を恐れたんです。子どものためにも『日本には居たくない』と、CMも復帰も白紙となりました。いよいよ日本で復帰するようですが、アメリカと日本、どっちつかずの今の状態では、日本の芸能界は厳しいでしょうね。実力があるなら別ですが、彼女はアーティストとしても女優としても中途半端。グラビア界にも居場所はありません。そもそも日本をポイして周りに迷惑をかけたのは彼女のほうですから、自業自得でしょう」(芸能関係者)

 ネットでも、「おかえり!」「またグラビアが見たい」といった根強いファンを除けば、「よく、しゃあしゃあと戻ってこれたな」「日本で失敗したら、またアメリカに逃げるんでしょ?」といった冷ややかな声は多い。この先、彼女が再評価を受ける日は来るのだろうか?

最終更新:2013/06/05 12:19

「日本をポイしたのは彼女のほう!?」3年半ぶり復帰のリア・ディゾンに“冷たい視線”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

永尾まりや、続・グラビア宣言

2010年末にスタイリストのBun氏と離婚後、アメリカに演技の勉強のため帰国していたタレ...
写真