日刊サイゾー トップ > その他  > マック1000円バーガー味は?

マック、高級1000円バーガーを食べてみた 口の中で具がゴロゴロ、ソース濃過ぎ…

 サイゾーのニュースサイト「Business Journal」の中から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。

■「Business Journal」人気記事(一部抜粋)
ローソンのPB食品は添加物まみれ!? セブンのプレミアムも健康害する危険も…
auのiPhone、なぜ「パケ詰まり」が多いのか? 基地局環境、スマホ機器故障…
10万円払えば「オレ様の日」認定!? 毎日が記念日の謎を日本記念日協会に直撃!

■特にオススメ記事はこちら!
マック、高級1000円バーガーを食べてみた 口の中で具がゴロゴロ、ソース濃過ぎ… – Business Journal(7月5日)

「クォーターパウンダージュエリー ゴールドリング」と、専用の包装箱、紙袋

 日本マクドナルドホールディングス(以下、マクドナルド)は7月2日、同社初となる1日限定の高級ハンバーガー「クォーターパウンダージュエリー」3種類を発売すると発表し、話題を呼んだ。同月6、13、20日に1種類ずつ全国の店舗(一部店舗除く)で約30万個限定で販売するという。

 マクドナルドは6月、それまでの同社最高価格となる「クォーターパウンダーBLT」(520~570円)の販売を開始し、6月20日の先行販売日には、東京・渋谷の店舗前に1000人以上が並ぶなど、好調な売れ行きだという。

 そして本日(7月6日)から3週に渡って販売される「クォーターパウンダージュエリー」は、「BLT」を上回る1個1000円という価格で、一部ネット上では「トリュフが入っているのでは?」「一度食べてみたい」などと話題を呼んでいた。

 マクドナルドは、既存店売上高が3月まで12カ月連続で前年実績を下回り、加えて客単価も11カ月連続でマイナスと苦戦した事態を受け、4月からハンバーガーを100円から120円に、チーズバーガーを120円から150円にそれぞれ値上げし、客単価の上昇を図っている。今回の高級バーガー発売の狙いについて、同社の原田泳幸会長兼社長兼CEOは、「これは客単価を上げる戦略でもメディア戦略でもない」と説明しているが、高級バーガーの売れ行きは、少なからず今後の同社の価格戦略に影響を及ぼすことが予想される。

 マクドナルドHPによれば、初回となる本日発売された「クォーターパウンダージュエリー ゴールドリング」は、パイナップルとドイツの食肉マイスターが監修した厚切りベーコン、1/4パウンドビーフパティなどを使用し、10種類以上のスパイスで仕上げたBBQソースで味付けされているという。

 購入のため、発売開始時刻(10時30分)の5分ほど前に都内のある店舗を訪れたところ、特に行列などはできていなかったが、店舗前には「のこり100」と書かれた紙が貼られた「ゴールドリング」発売の告知看板が立てられ、「ゴールドリング」をオーダーしたお客が、店員から発売開始時刻まで待つように告げられる様子も見られた。

店舗前に置かれた「ゴールドリング」発売の告知看板

 そして30分になると、発売開始早々から立て続けに注文が入り、筆者は10時35分にオーダーしたところ、整理券を渡され、商品受領まで20分ほどの待ち時間を要した。その間、7~8名ほどのお客が商品を受け取っていたが、驚いたのはその包装で、通常の商品とは異なり、白い正方形の専用の箱と紙袋に入れられ、紙袋の紐には金色のリボンが結ばれていた。

 箱を開けると、鼻を刺激する強いソースの匂いとともに、通常のハンバーガーより少し大きめの「ゴールドリング」が姿を現した。上のパンを取り具を見たところ、上から厚切りベーコン2つ、パイナップル、ビーフパティ、チーズが乗せられていた。

「ゴールドリング」の中身

 パンを戻し、実際に口に入れようとしたが、通常のハンバーガーより高さがあるため、なかなか口に入らず、子どもなど口の小さい人は、少し食べにくいかもしれない。そして実際のお味はというと、ひとつひとつの具が大きいためか、それぞれの具の味が独立したまま、ソースの濃さとともに、口の中に混在しているような印象を受けた。ただ、全体のボリュームは大きいため、半分ほど食べただけで満腹になり、“量”を求める人にはお勧めかもしれない。

 マクドナルドは今回の「高級バーガー」について、次回13日には黒トリュフを使用したソースが特徴の「クォーターパウンダージュエリー ブラックダイヤモンド」を、その翌週20日には特製チョリソを使用した「同ルビースパーク」を発売する。

 いずれも朝マック販売店舗では10時30分からの販売開始で、同時刻前に購入希望者が集まった場合も、整理券を出すなどの特別対応は行わないという。また、数量限定販売のため、各店舗でなくなり次第終了で、ひとり5個までの購入との制限がある。
(文=編集部)

■おすすめ記事
ローソンのPB食品は添加物まみれ!? セブンのプレミアムも健康害する危険も…
auのiPhone、なぜ「パケ詰まり」が多いのか? 基地局環境、スマホ機器故障…
10万円払えば「オレ様の日」認定!? 毎日が記念日の謎を日本記念日協会に直撃!
ドコモのツートップ、セールス明暗に見る、高機能ミドルサイズ・スマホ普及の予感
就活後ろ倒し、損/得する学生は?「学業は就活に無意味」はウソ?失敗避ける対策も

最終更新:2013/07/07 14:00
こんな記事も読まれています

マック、高級1000円バーガーを食べてみた 口の中で具がゴロゴロ、ソース濃過ぎ…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...…
写真