日刊サイゾー トップ > 芸能  > “超大物”音楽Pの転落人生

「麻薬だけはやめられず……」覚せい剤逮捕“超大物”音楽プロデューサー川添象郎の転落人生

41A6eZ-TbiL.jpg『そばにいるね』(UNIVERSAL J)

 音楽プロデューサーの川添象郎容疑者が6日、覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁麻布署に逮捕されていたことがわかった。川添容疑者は先月下旬、港区のコンビニ店で万引をしたとして窃盗容疑で逮捕された際、言動に不審な点があり、同署で尿検査を実施。覚せい剤の使用を示す陽性反応が出たという。

「川添容疑者には過去にも覚せい剤使用の前科があるのですが、72歳で逮捕というのは驚きです。万引で捕まったのがキッカケのようですが、生活に困窮していたわけではないでしょうから、覚せい剤の影響によるものだったのでは」(芸能記者)

 音楽プロデューサーとしての川添容疑者は、近年では青山テルマやSoulJaの作品を手がけたことも記憶に新しい。若い世代にはあまりなじみがないかもしれないが、わが国の芸能史に名を刻む“超大物”だといっていい。

「1960年代から活動を行っている川添容疑者ですが、69年に当時アメリカで社会現象になるほど大ヒットしたロックミュージカル『ヘアー』の日本版のプロデューサーを務め、話題を呼びました。しかし、大麻不法所持で逮捕され、以後の公演が中止されたこともあります。その後、アルファレコードを設立し、松任谷由実(当時は荒井由実)やYMOといった大物アーティストを送り出し、大ヒットを連発しました。今は死語になりましたが、“ニューミュージック”というジャンルも、彼が作り出したもの。日本の音楽界の新しい流れの裏には、いつも川添容疑者の存在がありました」(同)

 音楽プロデューサーとしてだけでなく、その出自や著名人らとの交流など、華やかな私生活も芸能マスコミの耳目を集めた。

「曽祖父は明治の元勲、後藤象二郎という名門の出。両親は、各界著名人の御用達として現在も存在するイタリアンレストラン『キャンティ』を創業したことでも知られています。60年の創業時から同店には文化人や芸能人、クリエーターらが夜な夜な集い、常連たちは“キャンティ族”などと呼ばれたものです。ユーミンは同店の最年少の常連客でした。川添容疑者はこうした交流から各界に人脈を築き、その後の活動に生かしていくわけです。また、作家の林真理子の小説『アッコちゃんの時代』(新潮社)の主人公は、川添容疑者の2番目の妻がモデル。80年代のバブル期、彼女は“地上げの帝王”と呼ばれたバブル紳士の早坂太吉の愛人でしたが、彼と別れた後、川添容疑者と付き合うようになったのです。当時、川添容疑者は女優の風吹ジュンと結婚していたのですが、この不倫劇は芸能ニュースでもたびたび報じられました」(同)


12
こんな記事も読まれています

「麻薬だけはやめられず……」覚せい剤逮捕“超大物”音楽プロデューサー川添象郎の転落人生のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

『こじらせ男子』著者インタビュー【後編】

音楽プロデューサーの川添象郎容疑者が6日、覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁麻布署に逮捕さ...
写真