日刊サイゾー トップ > 芸能  > 武井咲“新CM女王”のカラクリ

新CM女王・武井咲「イメージ調査では50位圏外なのに」続々仕事をゲットできちゃうワケ

emitakei0719.jpg

 メディアの調査・分析を行うニホンモニター社が発表した「2013上半期タレント CM起用社数ランキング」で、女優の武井咲が起用社数15社で女性部門の1位に輝いた。15社は男女通じて最多。ちなみに、同じオスカープロモーションに所属する剛力彩芽も12社で3位だっただけに、ネット上ではまたしても「ゴリ押し」の声が相次いでいる。


「まあ、武井も剛力も、ちまたでゴリ押しが指摘されている女優ですからね。2人とも主演ドラマの視聴率が振るわないにもかかわらず、オファーが絶えないし。好感度も高いとは思えません」(スポーツ紙記者)

 実際、ビデオリサーチが年2回行う「テレビタレントイメージ調査」(13年2月度)では、武井も剛力も上位20位にも入っていない。剛力は42位、武井に至っては上位50位にも入っていないのだ。広告主である企業にとっては、できるだけ好感度の高いタレントを起用したいもの。にもかかわらず、武井の“CM女王”は少々解せないのだが……。

「1つの理由としては、ギャラが相場よりも低めに設定されていること。武井や剛力のCM1本のギャラは、1,500万~2,000万円程度だそうです。主演ドラマが低視聴率だとはいっても、それなりに認知度や知名度が高いことを考えると、かなり割安。同じ事務所の先輩である上戸彩も同じ戦略で、かつてCM女王に輝いたことがあります。さらに、もう1つの理由としては、オスカー内でささやかれる“社長枠”の存在。同社では、社長お気に入りのタレントのドラマやCMなど、すべての仕事を社長自らが担当するそうなんです。大手プロダクションの社長に営業に来られては、テレビ局や広告代理店も、むげにはできませんからね。そりゃ、仕事もゲットできちゃうというものですよ。そうした社長枠のタレントが武井や剛力であり、忽那汐里なんです」(同)

 武井も剛力も「事務所イチ押しのタレントだから」ということなのだろうが、それにしても社長自らがトップセールスでゴリ押しするというのは、いかがなものか。

最終更新:2013/07/19 08:00
こんな記事も読まれています

新CM女王・武井咲「イメージ調査では50位圏外なのに」続々仕事をゲットできちゃうワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

 今年3月、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された電気グルーヴのピエ...…
写真