日刊サイゾー トップ > 芸能  > 辺見のショップが梨花に惨敗!

「代官山のショップは梨花に惨敗」辺見えみりの“素敵ママ像”を阻む元夫・木村祐一のイメージ

henmi.JPG『Real Emiri Style Book』(集英社)

 モデルでタレントの梨花が手掛けるショップ「Maison de Reefur(メゾン・ド・リーファー)」と、女優でタレントの辺見えみりが手掛けるセレクトショップ「Plage(プラージュ)」が、東京・代官山の一等地で火花を散らしていると、24日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。

 梨花のショップは、昨年4月にオープン。1階は洋服、靴、生活雑貨、花屋、授乳スペースなど複数のフロアに区切られ、2階はカフェレストランが併設されたハウジングタイプとなっている。

 一方、今年3月にオープンした辺見の店は、偶然か否か梨花の店の真向かいに位置。「モダンなPARISに住みながら、生まれ育ったLAの高い空と青い海を想う、29歳の女性」をブランドコンセプトに、辺見が国内外で選んだこだわりの洋服が並ぶ。

 文春の記事によると、梨花の店は、彼女の生き方に共感する30代・40代のママのニーズにマッチし、大成功。1年間で35万人が訪れ、毎月1億円を売り上げる勢いだという。対して、辺見の店は早くも閑古鳥が鳴いており、その要因を近隣ショップ店員は「えみりさんの商品は梨花さんのに比べて個性がなく、どこでも買えるようなもの」と話している。

 また、辺見が6月に発売したスタイルブックには、自身の店を「代官山の新名所となるほどの人気」と言い切っており、これに「イタすぎる」との声も出ているとか。

「Plageは、3月には行列もできていたようですが、客足は減る一方。辺見さんがテレビで着ているような上品な服が揃い、決して悪くないのですが、これといって特徴がない。

 それに、辺見さんが梨花さんのような支持を集められないのは、離婚したお笑い芸人の木村祐一さんのイメージが定着しているのも原因ではないでしょうか? 数々のファッション誌の表紙を務めた梨花さんには、女性信者が多い。しかし、辺見さんは代表作が思いつかない分、キム兄の印象がいつまでも拭えない。親しみやすいキャラか、カリスマ性かどちらかに振りきれていないと、最近のショップのプロデュースは難しいですよ」(ファッション誌編集者)

 辺見が木村と離婚したのは、2008年。俳優の松田賢二と再婚し、第一子が生まれた今でも、キム兄のイメージがママタレとしてのカリスマ性を阻んでいるとしたら、いっそのこと「モダンなPARISに~」というコンセプトをくつがえす、生活感あふれる店にリニューアルするのも手かもしれない。

最終更新:2019/03/07 17:12
こんな記事も読まれています

「代官山のショップは梨花に惨敗」辺見えみりの“素敵ママ像”を阻む元夫・木村祐一のイメージのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

モデルでタレントの梨花が手掛けるショップ「Maison de Reefur(メゾン・ド・...
写真