日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ぴんとこな視聴率5%低迷のワケ

「キュンキュンが止まらない!」のに大惨敗 Kis-My-Ft2・玉森裕太『ぴんとこな』視聴率5.9%のワケ

pinto0809.jpgTBS『ぴんとこな』公式サイトより

 Kis-My-Ft2の玉森裕太主演ドラマ『ぴんとこな』(TBS系)が、8日放送の第4話で、同作過去最低となる平均視聴率5.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。同枠で5%台を出したのは、昨年10月クールに仲里依紗主演で放送された医療ドラマ『レジデント~5人の研修医』以来となる。

 同作は、歌舞伎界の名門に生まれながらも、まったくやる気のない恭之助(玉森)と、歌舞伎とは無縁の家に生まれながら、努力でのし上がってきた一弥(NYC・中山優馬)、一弥を想いながらも、恭之助からアプローチを受けるあやめ(川島海荷)を中心に繰り広げられる歌舞伎青春ドラマ。さらに、 ジャニーズJr.のジェシーや松村北斗なども出演し、ジャニタレだらけとなっている。

 第4話では、「あやめちゃんが好きなら、奪ったらどうですか?」と一弥に挑発された恭之助が、泊まりがけで行われる勉強合宿中に、あやめとの関係を進展させようと奮闘する様子が描かれた。

 ドラマ開始時、視聴者からは「歌舞伎が題材とは、取っ付きづらい」「ジャニヲタじゃないと、初回2時間3分スペシャルはキツい」「男が見るにはちょっと……」と、厳しい感想が多く見られた。

 しかし、第4話放送後には、「低視聴率なんて信じられない!」「恭之助の優しさにキュンキュンしすぎてヤバイ!」「放送の前の日からキュンキュンが止まらない!」と、心待ちにする女性視聴者の声が目立つようになった。

 感想の傾向が変化した理由は、なんなのだろうか?

「恋愛少女マンガが原作のためか、男心に響きづらい展開も多い。単純に見るべき視聴者が絞られたのでしょう。また、以前は『素人すぎて見てられない』『声くらいプロが吹き替えるべき』と厳しい批判が殺到したジャニタレによる“歌舞伎シーン”について、回を追うごとに上達が見えるためか、『彼らの努力を応援したい』と優しい目で見る視聴者が徐々に増えているようです」(テレビ誌ライター)

 “ジャニタレが歌舞伎役者を演じる”といういばらの道を、なぜか選んだ『ぴんとこな』。同局で大成功している『半沢直樹』と大差をつけられているだけに、なんとしてもこれ以上の大コケは食い止めたいところだろう。

最終更新:2013/08/09 19:30
こんな記事も読まれています

「キュンキュンが止まらない!」のに大惨敗 Kis-My-Ft2・玉森裕太『ぴんとこな』視聴率5.9%のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

舞台の創り手がみる「ガチ恋ファン」

Kis-My-Ft2の玉森裕太主演ドラマ『ぴんとこな』(TBS系)が、8日放送の第4話で...
写真