日刊サイゾー トップ > 社会  > 前代未聞の演説会 みんなの党・山田太郎参議院議員がコミケ会場前で「二次元規制反対」を熱く訴える!

前代未聞の演説会 みんなの党・山田太郎参議院議員がコミケ会場前で「二次元規制反対」を熱く訴える!

yamadataro_komike.jpg炎天下、熱く語りかける山田議員。

 コミケ参加者に、国会議員が児童ポルノ法改定反対を訴える! 8月10・11日の2日間にわたり、コミックマーケット84開催中の東京ビッグサイト前で、山田太郎参議院議員(みんなの党)が児童ポルノ法改定への反対を呼びかける演説を行った。


 5月に掲載した当サイトのインタビュー(記事参照)でも、児童ポルノ法改定によるマンガ・アニメなどオタク文化への悪影響を唱えた山田議員。3年ほど前にも国際展示場駅前で演説をしたことはあるというが、真夏のコミケ開催中の演説は初のこと。体感温度は40度を超える(推定)炎天下で、国会議員が自ら児童ポルノ法改定反対を唱えるというこれまでになかった光景が、参加者の心を打ったのは間違いない。

 また、山田議員のTwitterなどを通じてのビラまきボランティアの呼びかけには、2日間で男女合わせて、延べ15人余りが参加した。また、演説を聴いた人の中から、その場でビラまきに参加する人の姿も見られた。

 両日で用意されたビラは7,000枚余り。10日は東京湾花火大会、11日は雷雨に見舞われ予定時間前に切り上げたのだが、両日合わせて3時間余りで7,000枚ものビラが、ほとんどなくなった。これは、選挙期間中でもまずありえない数である。

 山田議員は、2日間の活動終了後に「3カ月後の国会で、マンガやアニメを規制するこの改正案が本当に通ってしまう可能性が高いという現状を、一人でも多くの方に知っていただきたかった。衆参両院で与党が過半数を超える現状では、国会議員としてできることは限られている。今は少しでも多くの方が周りの人や議員に直接働きかけしていただき、世論を盛り上げていくことが、この問題に対する唯一で最も効果のある解決策です。2日間で多くの方に耳を傾けていただき、また、ボランティアの方にも協力いただき、本当に感謝です」と、感激のコメントを述べた。

 今回も、多くの参加者を集めたコミックマーケットだが、まだまだ児童ポルノ法改定がもたらす「表現の自由」への危機感がオタクの間に浸透しているとは言い難い。今回の山田議員の活動が、秋からの国会で状況を変化させるきっかけになるのか? ともあれ、言論・表現の自由を守るべく、これからも児童ポルノ法改定問題を報じていくつもりだ。

最終更新:2013/08/13 18:00

前代未聞の演説会 みんなの党・山田太郎参議院議員がコミケ会場前で「二次元規制反対」を熱く訴える!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真