日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ペニオク熊田曜子の復帰に批判

謝罪なしペニオク芸能人・熊田曜子が“しれっと”テレビ復帰「神経、図太すぎる」の声

kumada0814.JPG『食べて痩せる-3kg! ヘルシー産後ダイエット 愛されママライフ』(廣済堂出版)

 昨年4月に一般男性と“デキ婚”し、12月に第1子となる女児を出産したタレント・熊田曜子が13日、人気バラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ)や『もてもてナインティナイン』(TBS)に出演し、視聴者から批判が噴出した。

 半年以上にわたり産休に入っていた熊田は、7月から芸能活動を再開。雑誌「FRIDAY」(講談社)で“臨月&産後水着グラビア”に挑戦したほか、先月末にママ向けダイエット本『食べて痩せる-3kg! ヘルシー産後ダイエット 愛されママライフ』(廣済堂出版)を発売。

 さらに、産後に開きがちな骨盤をサポートする「熊田曜子プロデュース プレミアム☆おやすみ骨盤サポートパンツ」を手掛け、9万本以上を売り上げている。

 熊田が出演した『さんま御殿』の「パパママ芸能人SP」では、「(子どもを)抱いて1分もたってないのに『重た~い』って言う夫にイラッとくる」と“ママあるある”を披露。同じく『もてナイ』でも、オープニングから「子どもがいます」とママトークを展開した。

 また、7月17、24日に出演した『浜ちゃんが!』(読売テレビ)では、赤ちゃん用品が入った私物のママバッグやベビーカー、赤ちゃんと一緒にできるベビーダンスなどを披露した。

 短期間のうちに、この上ないほどスムーズにママタレへ転身を遂げた熊田だが、『さんま御殿』や『もてナイ』の放送中、ネット上では彼女のあることについて話題が集中した。

 それは、“ペニオク騒動”について。彼女は以前、ブログに“高級オーブンを5,220円で落札した”という虚偽の書き込みをし、昨年12月のペニオク騒動時に小森純やほしのあき、ピース・綾部祐二らと共に名前が上がっていた。しかしこの時期にちょうど産休に入ったため、直接の追及を逃れ、現在までこの件に触れずに至っている。

 そのため、視聴者から「熊田曜子がしれっとテレビ出てるんだけど」「謝罪もしないで自分の幸せをアピールできるなんて、神経疑う」「なんで謝った小森は干されて、知らん顔の熊田は平然とテレビに出られるの?」というコメントが殺到した。

「熊田は、出産を利用した“だんまり作戦”を選んだ。このまま無言を貫き、世間が忘れるのを待つつもりでしょう。しかし、テレビに復帰したことで、バッシングが再燃している。共演者にツッコまれる可能性のある生放送には、しばらく出演しないかもしれませんね」(芸能記者)

 何事もなかったかのように、堂々とテレビに戻ってきた熊田。彼女が謝罪する日は来るのだろうか?

最終更新:2013/08/14 16:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed