日刊サイゾー トップ > その他  > 結婚発表のいきものがかり水野良樹  その一筋縄ではいかないポップス観とは?

結婚発表のいきものがかり水野良樹  その一筋縄ではいかないポップス観とは?

【リアルサウンドより】

 いきものがかりのリーダーでギターの水野良樹が17日、一般人女性と結婚したことをファンクラブサイトにて発表した。相手について「僕よりはるかにおおらかで、はるかに明るい、楽しいひと」と紹介。ネット上は「おめでとう!」「ますます来月のライブに行きたくいなった」と祝福ムードに満ちている。

 水野は、いきものがかりの代表曲である「ありがとう」(NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』主題歌)、「風が吹いている」(NHKロンドンオリンピック・パラリンピック放送テーマソング)などの作詞作曲を手がけている。水野の制作する楽曲について、音楽評論家であり文芸評論家の円堂都司昭さんはこう話す。

「いきものがかりボーカル・吉岡聖恵さんは、まるで小学校の唱歌のように、素直にハキハキと歌いますよね。水野さんの楽曲は”吉岡さんの歌唱の素直さを届ける”ということがメインにあるのだと思います。とくに、大きなタイアップのついた『ありがとう』『風が吹いている』は、”国民的に見られる/聞かれる”という前提のド真ん中に投げ込んだ楽曲。特定の年代、性別に向けて作るのではなく、誰にでも届くような――古めかしい言い方をすれば”お茶の間”に向けて曲を作ることができる、数少ない作曲家だと思います」

『I』(エピックレコードジャパン)収録

 特徴的なのは、いわゆる”ベタ”に作っているのではなく、「王道のポップス」になるよう意識的に狙って制作されていることだ。

「水野さんがどこまで意識しているかは、よくわからないところもある。吉岡さんの歌い方に合わせて作るうちに、自然とそうなったのかもしれません。ただ、少なくとも、斉藤和義が「ずっと好きだった」の歌詞を改変し、原発反対のメッセージソングとして発表した「ずっとウソだった」をTwitter上で批判して以降は、意識的であることが伺えます」(円堂さん)

12

結婚発表のいきものがかり水野良樹  その一筋縄ではいかないポップス観とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

東方神起・ユンホ“19禁MV”の凄味

────劇場か、配信か。映画の公開形態はこのどち...…
写真
インタビュー

沖縄電子少女彩インタビュー

 2000年8月7日生まれ、20歳という若さでありながら、自身の出身地である沖縄...
写真