日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『るろうに剣心』続編に激震!

実写版『るろうに剣心』続編に激震! 主要制作プロダクション降板の裏事情とは

ruroken0915.jpg『るろうに剣心 通常版』(アミューズソフトエンタテインメント)

 2014年夏に続編2部作が連続で公開される、佐藤健主演映画『るろうに剣心 京都大火編』(前編)と『── 伝説の最期編』(後編)の撮影も折り返しに差し掛かっている中、公にはできない“ある問題”が発生したという。

「実は、前作で制作プロダクションとして入っていた『C&Iエンタテインメント』という会社が、続編から撤退したというのです。関係者によると、すでに6億の赤字を出していて、スタッフ・関係者も何人も辞めているみたいです。前作よりも出演者が豪華になって、撮影期間も倍以上ですからね。相当な費用が掛かったんじゃないでしょうか」(芸能事務所関係者)

 もともとは、この「C&Iエンタテインメント」という会社が『るろうに剣心』というコンテンツに目をつけて実写化にこぎ着けたのだが、普通に考えればヒットした作品の続編から外れるということは考えにくい。

「この会社はTSUTAYAの連結子会社なので、もしかすると撤退は親会社の判断なのかもしれません。いくらヒットが確実といっても、フタを開けてみないと分かりませんし、費用対効果を考えて現時点ですでに大幅な出費があるのだとしたら、すべて回収できるか分かりませんからね。共同製作のワーナー・ブラザースは資金も豊富ですから。そちらにすべて任せる、ということにしたのかもしれません」(映画関係者)

 続々と豪華キャストが発表され、賛否両論あれど盛り上がりを見せてきているだけに、この件が水を差さなければよいが――。

最終更新:2013/09/15 11:00
こんな記事も読まれています

実写版『るろうに剣心』続編に激震! 主要制作プロダクション降板の裏事情とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

2014年夏に続編2部作が連続で公開される、佐藤健主演映画『るろうに剣心 京都大火編』(...
写真