日刊サイゾー トップ > 芸能  > みのはNGでローラはOK?

みのもんた次男逮捕とローラ実父の国際指名手配で議論される、テレビタレントの「親子の責任論」

minomonta0920.jpg

 大御所司会者・みのもんたの次男で日本テレビ局員・御法川雄斗容疑者(31)が見知らぬ男性のキャッシュカードを使い、コンビニATMから現金を引き出そうとしたとして、窃盗未遂容疑で逮捕された。事件を受け、みのはTBS系『みのもんたの朝ズバッ!』などの報道番組への出演自粛を発表。そんな中、今ちまたで議論されているのが“親子の責任論”だ。


 みのは13日に神奈川県鎌倉市内の自宅前で取材に応じ、息子の不祥事を涙声で謝罪。一方で親の責任については「家族とはいえ、もう30を過ぎた男の、別の人格者です。あれこれとやかく言う筋合いのものではないと、皆さんも分かると思います」と述べた。

 芸能界では、親友の和田アキ子を中心にこの意見に同調する者も多いが、世間の反応は手厳しい。御法川容疑者がいまだ容疑を否認し、調書へのサインも「疲れた」という理由で拒んでいることから「まるで子ども。どういう教育してきたんだ!」「甘やかされてきたのがわかる言動だ!」とネット上を中心に非難が噴出。一概に「親の責任はない」とは言えなくなってきている。

 一方、逆パターンとして比較されるのが、タレント・ローラの実父の詐欺事件だ。今年6月、国民健康保険の海外療養費をだまし取ったとして、ローラの父親でバングラデシュ国籍のジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者が国際指名手配された。ジュリップ容疑者は日本の警察の出頭要請に応じず、海外逃亡を続けている。

「警察の動きを察知して、ジュリップ容疑者は母国に戻った。彼は地元の有力者で、向こうでは普通に生活していますよ。地元警察も、彼を捕まえることに消極的」(警察関係者)

 「子どもは親を選べない」という言葉通り、ローラには同情が集まっているが、一部では「娘も母国に戻り、出頭するよう父親を説得してもいいのではないか?」という声も上がっている。親と子の責任論、あなたはどう考える!?

最終更新:2013/09/20 10:00
こんな記事も読まれています

みのもんた次男逮捕とローラ実父の国際指名手配で議論される、テレビタレントの「親子の責任論」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

大御所司会者・みのもんたの次男で日本テレビ局員・御法川雄斗容疑者(31)が見知らぬ男性の...
写真