日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『半沢』続編は既定路線?

TBS『半沢直樹』続編は既定路線!? “聖地巡礼ツアー”で旅行業界に「倍返し」も!

grfeqarwfeqa1009.jpgTBS『半沢直樹』

 大ヒットしたドラマ『半沢直樹』(TBS系)のロケ地に観光客が殺到、ある旅行会社は「ロケ地巡りツアー」を企画中だ。

「まだ詳細は発表できませんが、ドラマ前半の、大阪を中心とした関西コースと、後半、半沢が上京してからの東京コースの2パターンを提案中で、いま旅行客などに“こういう企画があったら参加するか?”というアンケートを採っているところ」(都内旅行代理店スタッフ)


 実際のところ、TBSにはドラマのロケ地について視聴者から問い合わせが殺到、すでに現地を巡る者も急増中だ。堺雅人演じた半沢直樹が、夜景を見ながら妻(上戸彩)に銀行員となった真意を打ち明けた芦有ドライブウェイ東六甲展望台(兵庫県西宮市)や「東京中央銀行大阪西支店」として外観が使われた、阪急うめだ本店(大阪市北区)ほか、町工場として登場した大阪・西成区付近や、銀行の屋上として使われた梅田スカイビル(大阪市北区)、社員食堂とされた日本ヒューレット・パッカード(東京都江東区)のカフェテリア、半沢が剣道の稽古をした道場・四誠館(埼玉県川口市)などなど、見れば「あの場面のところ!」となる場所は多数。ドラマに使われていなければ特筆すべき場所でもないのだが、最終回を終えても“半沢熱”は衰えず、半沢にちなんだ食事メニューを出す飲食店も出てきている。

「ツアーを組む場合、ドラマの名前をどこまで使用できるかTBSに問い合わせているところですが、意外と好感触」と前出スタッフ。それもそのはず、TBSの社長が「続編が見たい」と発言するなど、制作されるのは既定路線で、その熱を下げない動きは歓迎している。

 ただ、TBS関係者によると「スタート当初の高視聴率で、急に脚本を続編につなげるものに変えた」というほど予想外のフィーバーとあって、「主演の堺さんのスケジュールが来年いっぱいまで埋まっていて、それをなんとか空けてもらえるよう交渉をしている段階」と、クリアできていない問題もある。

 そこである関係者からは、金融庁の主任検査官役でブレークした片岡愛之助演じるスピンオフ作品でファンの関心をつなぐ案も出ているという。

「ただ、その片岡も“半沢効果”で舞台や映画の主演のオファーが来ていたり、ドラマがヒットしたからこそ予定を取ってもらいにくくなっている」と前出関係者。

 あからさまに続編をにおわせて終わらせただけに、TBSにとってはここに全力を注ぎたいところ。ロケ地巡りツアーの開催は、むしろ急いでほしいぐらいかもしれない。
(文=ハイセーヤスダ)

最終更新:2013/10/09 12:00
こんな記事も読まれています

TBS『半沢直樹』続編は既定路線!? “聖地巡礼ツアー”で旅行業界に「倍返し」も!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

好感度の高い優良企業の不祥事!!

大ヒットしたドラマ『半沢直樹』(TBS系)のロケ地に観光客が殺到、ある旅行会社は「ロケ地...
写真