日刊サイゾー トップ > 芸能  > 亀田統一戦の裏で姑息なTBSが

プロボクシング亀田大毅“英断”統一戦の裏にあるTBSの姑息な「長男・興毅4階級制覇」策略

daiki12025ll.jpg兄貴のために歌うで~

 プロボクシングIBF世界スーパーフライ級王者の亀田大毅が、WBA同王者のリボリオ・ソリス(ベネズエラ)と団体王座統一戦を行うことが発表された。試合は12月3日、亀田の地元・大阪で開催される。

 この発表にネット上の掲示板などでは、「これは英断、大歓迎」「次男だけはガチ路線だな」などと、ランキング下位選手との防衛戦を選択しなかった陣営を評価する声が上がっている。だが、このマッチメイクの裏側には、亀田陣営とTBSの姑息な算段があるのだという。

「このマッチメイクでもっとも得をするのが、長男の興毅ですよ。WBAバンタム級王者の興毅は、過去にライトフライ級とフライ級も制覇していますが、フライ級とバンタム級の間にあるスーパーフライ級は“飛び級”しているんです」(スポーツ紙記者)

 つまり、興毅が今後スーパーフライ級の世界王座を獲得すれば、「世界4階級制覇」となり、往年のスーパースターであるロベルト・デュラン(パナマ)やパーネル・ウィテカー(米国)らと肩を並べることになる。だが、大毅の統一戦と興毅の4階級制覇に、どんな関連があるのだろうか。


「減量苦のある大毅は同王座獲得時から、“初防衛したら返上”を公言してきました。実質この統一戦が初防衛戦になりますから、勝ったら返上は既定路線でしょう。逆にソリスが勝った場合、WBAは他団体との統一王者を“スーパー王者”に格上げして正規王座を空けるシステムを採用している。つまり、どちらが勝っても同王座は“空位”になるんです。あとは興毅がバンタム級王座を返上してスーパーフライに落として王座決定戦を行えば、“日本初の4階級制覇王者”誕生ですよ。亀田陣営とWBAとのこれまでの癒着ぶりを見れば、興毅が好きな時期に好きな相手と決定戦を行える状況にあることは明らかです」(同)

 こうした動きには、試合を放送するTBSの意向も色濃く反映されているという。かつては視聴率40%超えを記録したこともある興毅の試合だが、7月に行われた7度目の防衛戦では11.8%まで落ち込んでいる。

「最近の亀田人気の低下は明らか。TBSとしては“4階級制覇”という文言で煽れるだけ煽って、視聴率を稼ごうということです」(同)

 かつては威厳の象徴だったはずのボクシング世界チャンピオンベルトが、テレビ局の“テコ入れ”に使われてしまう時代になったということか……。

最終更新:2013/10/25 20:34
こんな記事も読まれています

プロボクシング亀田大毅“英断”統一戦の裏にあるTBSの姑息な「長男・興毅4階級制覇」策略のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真