日刊サイゾー トップ > 芸能  > 深夜の異常FAX! メンタリストDaiGoのプロデューサー・村山淳氏が“同業者”に激高したワケとは……

深夜の異常FAX! メンタリストDaiGoのプロデューサー・村山淳氏が“同業者”に激高したワケとは……

51hQ84wiadL._SS400_.jpg『人生がラクになる7つの方法』(講談社)

「21日夜に突如、なんの前触れもなくFAXが送られてきたんです」

 そう明かすのはスポーツ紙記者だ。メンタリストDaiGoと、そのプロデューサーで知られる村山淳氏が21日夜、「表参道メンタリストアカデミー」の事業に関与したかのようなテレビ放送、ウェブ掲載があったことを受け、これを否定するFAX声明をマスコミ各社に送付した。


 それによると、事の発端は今月9日放送のフジテレビ系『ぶらぶらサタデー』内のコーナー「有吉くんの正直さんぽ」。番組内で「表参道――」が取り上げられた際、「メンタリストDaiGoのプロデューサー村山淳監修」と紹介されたことに、村山氏が「監修した覚えはない。私の名前を使って金儲けしている!」と激怒したのだ。

 村山氏はFAXの中で「表参道――」とは一切関わりがないとした上で、これらの行為は「不正競争防止法および著作権法等に違反する行為」に当たり訴訟も辞さないとする構えを見せていたが……。

 舞台裏を知る人物は「実は村山氏と『表参道──』の代表者は面識があり、当初は一緒にアカデミーをやっていこうとしていました。ところが講義に使用する教科書の監修料をめぐって揉め、決裂。その後も同アカデミーがDaiGoさんや村山氏の宣伝文句を外さなかったことに業を煮やし、マスコミに訴えたんです」と話す。

 マスコミに送ったFAXにはご丁寧に村山氏の携帯番号まで記されていて、文末には「私達の知的財産権、ブランドイメージを守るため、また、一般消費者の認識防止等のため、何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします」と書かれている。

「村山氏は、メンタリストブームは自分たちが作ったと思い込んでいる。だから自分たちに断りなく、メンタリストをうたって金儲けしている連中が許せない。強引なことを言えば『商売するなら、納得いく監修料をよこせ』ということ。“同業者”に対し、自分たちの著作物が使われていないか、DaiGoの名前が使われていないか、くまなくチェックする村山氏には、狂気じみた部分もあります」(業界関係者)

 村山氏のメンタルは、DaiGoも読めない!?

最終更新:2013/11/27 21:00
こんな記事も読まれています

深夜の異常FAX! メンタリストDaiGoのプロデューサー・村山淳氏が“同業者”に激高したワケとは……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

「21日夜に突如、なんの前触れもなくFAXが送られてきたんです」 そう明かすのはスポーツ...
写真