日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > バナナマン設楽出演1位のワケ

クセのなさ、ギャラの安さ……テレビ番組出演回数1位のバナナマン設楽統が重用されるワケとは

51Qa5tHgyaL.jpg『bananaman live TURQUOISE MANIA 』ポリドール

 お笑いコンビ、バナナマンの設楽統が昨年に続き、今年もテレビ番組出演回数(地上波/東京地区)1位に輝いた。ニホンモニターの発表によると、今年の出演は615回で昨年を4回ほど上回った。設楽は上半期を356回の1位で折り返したが、下半期も勢いは衰えなかった。2位にはハリセンボンの近藤春菜、3位には有吉弘行が続き、こちらも昨年と同様だった。

「司会を務める情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)の出演が大きいですよね。月~金の週に5日出演の帯番組ですから、これだけで年に約250回は稼げます。このほかにもレギュラーが7本。レギュラーだけで年間600回の出演ですね」(テレビ情報誌編集者)

 まさに“売れっ子”の称号に違わぬ露出ぶりだが、露出の割には出演する番組の視聴率がそれほどでもないのが特徴だ。

「一時の低迷は脱したとはいえ、『ノンストップ!』は3~4%の視聴率。10%を超えるものは『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)ぐらいで、『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)、ピンで出演している『世界にひとつ~ミラクルレシピ!』(テレビ朝日系)にしても、せいぜい7%前後」(同)

 では、なぜここまで設楽が民放各局で重用されるのか?

「1つはギャラの安さ。『ノンストップ!』の1回のギャラは、40万円程度と聞いています。同番組の無難な仕切りとギャラの安さから、前枠の『とくダネ!』の次期キャスターとして名前が取り沙汰されたこともあるほど。また、クセのないキャラや芸風で、司会などのメーンでもひな壇などのサブでも、そつなくこなせるところも魅力なのかも。テレビ局にとっては、使い勝手がいいのでしょうね」(同)

 これだけ多忙を極めながら、毎年質の高い単独ライブを開催することでコアなお笑いファンからの評価も高いバナナマン。天下はしばらく続きそうだ。

最終更新:2018/12/07 18:40
こんな記事も読まれています

クセのなさ、ギャラの安さ……テレビ番組出演回数1位のバナナマン設楽統が重用されるワケとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

お笑いコンビ、バナナマンの設楽統が昨年に続き、今年もテレビ番組出演回数(地上波/東京地区...
写真