日刊サイゾー トップ > 芸能  > ヨン様“ボッタクリ”食堂のいま

JYJ経営の鉄板焼開店で思い出す「おごりでも行きたくなかった」ヨン様“ボッタクリレストラン”

51MsNbc-qaL.jpg「ペヨンジュン 2014~2015年(2年分)写真集カレンダー」

 K-POPアイドルグループJYJのジェジュンとユチョンが経営する日韓フュージョン鉄板焼きダイニングレストラン「Bum’s(ボムス)」が17日、東京・赤坂に開店した。ソウルの江南区ノムヒョンドンに立地する同店は、韓国では老若男女を問わず大人気のレストランなのだとか。


「最高級の黒毛和牛の鉄板焼きをはじめ、日本のB級グルメや韓国料理から日韓のいいところを掛け合わせた“フュージョン料理”という触れ込みです。ジェジュンとユチョンのこだわりがメニューにも生かされているそうなのですが、韓国スターのレストランなんて、しょせんファン目当てのボッタクリ店じゃないんですかねえ(苦笑)」(芸能ライター)

 このライターが皮肉るのも無理からぬこと。かつて、ヨン様ことぺ・ヨンジュンが東京・白金にオープンして不評だった「高矢禮(ゴシレ)」のケースがあるからだ。

「2006年にオープンした高矢禮は韓国の宮廷料理をベースにしたメニューが売りで、ランチは3,500~6,000円、ディナーは1~5万円と高額でしたが、ヨン様ファンが殺到して2カ月前から予約しないと入店ができなかったほど、当初は大盛況でした。しかし、一方で『週刊文春』(文藝春秋)の連載コーナー『斬り捨て御免! 食味探検隊』で、評価基準中で最低の“おごりでも行きたくない”との評価がされたこともあります」(グルメライター)

 高矢禮はその後、ヨン様ブームの余勢を駆って名古屋、池袋、錦糸町に支店をオープンするも、ブームの終焉とともに客足が途絶え、閑古鳥が鳴くように。池袋店は閉店し、白金の店も一昨年に一時休業。現在は名古屋店と錦糸町店が細々と営業しているのみ。

「上品な味付けといえば聞こえがいいですが、薄味どころかほとんど味がついていないようなものだし、コースで食べても腹いっぱいにならないという量の少なさ。いくらなんでも、コストパフォーマンスが悪すぎでした。あんな店、ファンじゃなきゃ行くわけがない。金満マダムが多いヨン様ファンを狙い撃ちにした店、といっても過言ではなかった。ブームが去れば、寂れるのは当たり前です。ジェジュンとユチョンの店も同じ轍を踏むような気がしてならないのですが(笑)」(同)

 K-POPブームが終焉した今、同店が繁盛するとは思えないのだが、CD売り上げやコンサート動員が見込めないだけに、新たな手口で日本人からカネを引っ張ろうということなのか。

最終更新:2013/12/29 20:00

JYJ経営の鉄板焼開店で思い出す「おごりでも行きたくなかった」ヨン様“ボッタクリレストラン”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

“箱の中身”が組み直すいくつかの関係

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

K-POPアイドルグループJYJのジェジュンとユチョンが経営する日韓フュージョン鉄板焼き...
写真