日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高岡“奏輔”が鈴木亜美と結婚へ

改名くらいしか話題がない俳優・高岡奏輔が“お互い仕事がない”鈴木亜美と結婚へ!?

51E+ql8c4cL._SS500_.jpg『BITTER』(大洋図書)

「その時の、自分。嘘、偽りのない、その時の時間。高岡蒼佑 高岡蒼甫 高岡奏輔 全て、その時の今の自分。高岡奏輔、宜しく。気に入ってる。」


 昨年末、自身のTwitterでそうつぶやいたのは、俳優の高岡“奏輔”。“2年ぶり3回目”の改名とあって、一般の人には特に響くことはなかったようだが、芸能関係者には大きな衝撃が走ったようだ。

「最近はこういった改名を頻繁にする人は減っていたので、ある意味、注目してますよ(笑)。保阪尚希さんが4回、せんだみつおさんが8回ですからね。せめて、保阪さんの記録は抜いてほしいところです」(芸能事務所関係者)

 本業の俳優業はさっぱりで、改名くらいしか話題にならないのは寂しいところだが、実はその裏で、本人は事務所探しに励んでいたという。

「中堅から大手まで、幅広く売り込みをしていたようです。まあ、どこも相手にしなかったみたいですけどね。確かに彼の演技力は魅力的でいい俳優さんなんですけど、何をしでかすか分からないから、どこも手を出さなかったみたいです」(同)

 そんな逆風吹き荒れる中、かねてより交際中の鈴木亜美と年内にも結婚するというのだ。

「親しい人には、すでに結婚の具体的な話もしているようです。ただ、自分も仕事がない上に、相手の鈴木も仕事がないですからね。最近は呼ばれれば、地方でもなんの仕事でも行っているようですよ。この前もスナックの営業で地方に行っていたようですから、仕事を選ぶ余裕もないんでしょうね。そんな2人が結婚してもどうなるか……」(テレビ局関係者)

 離婚も“2度目”にならないようにしたいところだが……。

最終更新:2014/01/01 08:00

改名くらいしか話題がない俳優・高岡奏輔が“お互い仕事がない”鈴木亜美と結婚へ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

「その時の、自分。嘘、偽りのない、その時の時間。高岡蒼佑 高岡蒼甫 高岡奏輔 全て、その...
写真