日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『るろ剣』打ち上げ盛り上がらず

あの熱愛報道が原因!? 佐藤健主演の映画『るろうに剣心』の打ち上げがビミョーだったワケとは

ruroken0108.jpg『るろうに剣心 通常版』(アミューズソフトエンタテインメント)

 イケメン俳優・佐藤健主演の映画『るろうに剣心』の打ち上げが6日、都内で行われた。一昨年8月に公開された『明治剣客浪漫譚編』は興行収入30億円の大ヒット。続編は『京都大火編』と『伝説の最期編』の2部作で、今夏に連続公開される。製作・配給のワーナー・ブラザースは、2作で興行収入100億円超えを目指しているという。


 原作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた人気漫画で、動乱期の幕末を舞台に、かつて暗殺者だった剣の達人の活躍を描いたもの。最大の見どころは殺陣のシーンで「今作も最新のCGを駆使した素晴らしい出来になっている」(映画関係者)という。それだけに打ち上げも、ド派手なものになると思いきや……。

「主要キャストで出席したのは主演の健くん、藤原竜也さん、神木隆之介くんくらいのもの。武井咲さんや蒼井優さんの姿はありませんでしたね。年明け早々とはいえ、なんとも寂しい限りでした」とは、参加者の1人。

 佐藤はビンゴ大会でアメリカ旅行のペアチケットを提供したというが、これではどこかむなしく感じてしまう。

「武井さんが来なかったのは、健くんとの熱愛報道のせいでしょう。一作目の撮影中に健くんとの関係がウワサになり、今も一部で根強く信じられていますから。この日の会場外には複数の週刊誌が張り込んでおり、武井サイドがそうした場を敬遠したと思われます」(映画スタッフ)

 一次会がしょぼいと、張り込んでいたマスコミのテンションは下がるもの。結果、二次会、三次会まで追跡せず、早めに切り上げることが多い。

「実は、武井さんが深夜になって合流したという情報があるんです。ところが、そこまで追っていたマスコミはごく少数。一次会で女性陣が集まらなかったのは、張り込み対策と見る向きもあります」(ワイドショースタッフ)

 早々に撤収したマスコミは、今ごろ地団駄を踏んでいるに違いない。

最終更新:2014/01/08 12:00
こんな記事も読まれています

あの熱愛報道が原因!? 佐藤健主演の映画『るろうに剣心』の打ち上げがビミョーだったワケとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

原田龍二、なぜ裸のおじさんに?

イケメン俳優・佐藤健主演の映画『るろうに剣心』の打ち上げが6日、都内で行われた。一昨年8...
写真