日刊サイゾー トップ > 芸能  > 矢沢永吉が成し遂げた偉業
これがYAZAWAだ!

ファン感涙のリバイバル──矢沢永吉「時間よ止まれ」が70年代に成し遂げた偉業とは

41pGEegU3JL.jpg『ALL TIME BEST ALBUM』(GARURU RECORDS)

 1978年に資生堂CMソングに起用された、ロック歌手・矢沢永吉の往年のヒット曲「時間よ止まれ」が、36年の時を経て、再び同社のCM曲として復活するという。昨年5月に発表された『ALL TIME BEST ALBUM』がオリコンアルバムランキング最年長(63歳8カ月)での首位を獲得するなど、64歳と還暦をすぎてなお意気軒高の永ちゃん。今回のCMソング復活は、当時からのファンにとっては“感涙もの”だろう。


「『時間よ止まれ』は78年3月に発売され、資生堂のCMソングに起用されたこともあり、オリコン1位を獲得、ミリオンセラーを記録しました。年間チャートでも9位を記録。現在では考えられないですが、当時はまだロックという音楽ジャンル自体が日本に根づいておらず、永ちゃんのようなバリバリのロッカーの曲が大ヒットするなんて極めて異例のことだったんです。また、ロックミュージックを自社のCMソングに起用した資生堂の英断も大きかった」(音楽ライター)

 ちなみに78年のオリコン年間チャートを見ると、1~3位を「UFO」「サウスポー」「モンスター」と当時人気絶頂だったピンク・レディーが占めている。そこに続くのが「君のひとみは10000ボルト」(4位・堀内孝雄)、「微笑がえし」(5位・キャンディーズ)。6位には、再びピンク・レディーの「透明人間」。7位が「カナダからの手紙」(平尾昌晃・畑中葉子)、8位には「Mr.サマータイム」(サーカス)。そして9位が矢沢で、10位が中島みゆきの「わかれうた」といった具合。ニューミュージックや歌謡曲が全盛だった当時の音楽シーンで、矢沢の大ヒットが、いかに異例だったかわかろうというものだろう。

「そもそも当時、ロックというジャンルはライブの動員はすごいけれど、レコード、特にシングル盤は売れないというのが定説でした。つまり、ロックはまだまだアンダーグラウンドなジャンルだったわけです。そんな中で、『時間よ止まれ』の大ヒットは定説を覆し、若者限定の人気にすぎなかったロックという音楽と矢沢永吉というロッカーを、お茶の間に広く知らしめる役割を果たしました。当時は歌番組も全盛で、『ザ・ベストテン』(TBS系)が高視聴率を誇っていました。しかし、ロックやニューミュージックのアーティストは商業主義のテレビには出演しないというのが基本的なスタンスで、ご多分に漏れず永ちゃんも『ザ・ベストテン』にランクインしても一切出演しませんでしたね。まあ、テレビに出なくても、CMで曲がバンバン流れていたわけですから、プロモーションには全く支障はなかったわけですが(笑)」(同)

 前述の年間トップ10にランクインしている歌手やアーティストは、多くが矢沢よりも年下。にもかかわらず、いまだに音楽チャートの上位にランクインするなど、第一線で活躍しているのは矢沢ぐらいなもの。還暦をすぎてもその現役ぶりには恐れ入るが、今回のCMソング復活は、そんな矢沢の偉大さを再認識させるものといえるかもしれない。

最終更新:2014/01/22 12:00

ファン感涙のリバイバル──矢沢永吉「時間よ止まれ」が70年代に成し遂げた偉業とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

コント番組が乱立、区別つかず!? 

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

1978年に資生堂CMソングに起用された、ロック歌手・矢沢永吉の往年のヒット曲「時間よ止...
写真