日刊サイゾー トップ > 芸能  > 宮崎あおい不倫でイメージダウン
“国民的女優”のはずが……

宮崎あおい「不倫報道のダメージは深刻!?」好演しても映画賞に恵まれないワケ

71E0gh7gzXL._AA1076_.jpg『舟を編む』(松竹)

 昨年公開された作品を対象とした映画賞が続々と発表されているが、『舟を編む』の石井裕也監督と主演の松田龍平が、複数の賞で作品賞・監督賞・主演男優賞を受賞。主演女優賞は、『さよなら渓谷』の真木よう子が複数の賞を受賞している。


「『舟を編む』は原作が2012年の『本屋大賞』受賞作で、公開前から注目度が高かった。案の定、作品の質が高く、各映画賞をほぼ総ナメにしている。ヒロインを演じた宮崎あおいの演技も決して悪くはなかったといわれるが、今作に限っては不思議なほど賞に縁がない」(映画ライター)

 宮崎といえば、08年のNHK大河ドラマ『篤姫』で主人公を演じて国民的女優となったが、私生活では07年に俳優の高岡奏輔と結婚。その後、高岡の浮気が報じられるなどしたため、世間の“同情票”を集めたが、11年12月の離婚時には一気に立場が逆転。一部週刊誌で宮崎とV6の岡田准一の不倫疑惑が報じられ、宮崎サイドにも離婚に至る原因があったことが明らかになってしまった。

「離婚後、どんどんCMの契約が減り、現在は4社になってしまった。もともと、民放のドラマのオファーは受けなかったので、活動は映画が中心。とはいえ、かつての夫、高岡がその後、凶悪な事件を巻き起こす関東連合とつながっていたことなどが明らかになり、黙っていても宮崎のイメージがダウンし、いくら好演してもどうしても“色眼鏡”で見られてしまう。昨年末には、高岡が改名を機に始めたTwitterでまた宮崎と岡田の不倫疑惑を蒸し返した。とはいえ、宮崎の所属事務所はそういったことの対処に慣れていないので、高岡に好き放題やられっぱなし。前妻に対する完全な“営業妨害”だと思うのだが……」(週刊誌記者)

 今年3月には嵐の櫻井翔の妻役を演じた映画の続編『神様のカルテ2』が公開されるが、今度はその演技がどう評価されるかが注目される。

最終更新:2014/01/27 15:55

宮崎あおい「不倫報道のダメージは深刻!?」好演しても映画賞に恵まれないワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

昨年公開された作品を対象とした映画賞が続々と発表されているが、『舟を編む』の石井裕也監督...
写真