日刊サイゾー トップ > 芸能  > 監禁暴行で提訴の亀田兄弟、抗議も

【追記アリ】亀田興毅・和毅らに「監禁・暴行受けた」提訴会見直後に“ケイダッシュ関係者”名乗る人物から抗議も……

kamedakoki0209.jpgJBC職員を監禁・暴行したとして提訴された亀田興毅

 7日正午ごろ、司法記者クラブがある東京地裁の廊下で、その場にそぐわない怒号が響いた。

「てめえ、何やってんだ!」

 同クラブの部屋から出てきた一行の記者ひとりを2人組の男が取り囲み、威圧した態度でこう言った。

「俺は、亀田兄弟と業務提携しているケイダッシュのもんだ。こんなことやめろ。おまえ、どうなるか教えてやろうか」

 男らはしばらく何やら言葉を発し続け、異変を感じた一行の別の人間が割って入るなど周囲は騒然となった。絡まれた一行は直前、プロボクシングの亀田兄弟を監禁などで民事提訴する記者会見を開いており、男らはそのことで相手側の関係者を名乗り、抗議をしたとみられる。

 会見は、日本ボクシングコミッション(JBC)の職員が昨年9月の亀田大毅の世界戦会見後、亀田兄弟らに監禁されて精神的苦痛を受けたとして、損害賠償訴訟を起こしたもの。訴えられたのは亀田興毅、和毅とマネジャーらの計4名。訴状によると、興毅らは職員に権限がないにもかかわらず、使用グローブの変更を強く求め、嫌がる職員をビデオ撮影し、さらに部屋から出ようとしたところ腕を引っ張ったり、首や肩、胸などを数発小突くなど暴行があったという。

 これに対し亀田側は、代理人の北村晴男弁護士が「JBC職員の退室を妨害したり、脅迫行為や暴行行為に及んだ事実は一切ない」と全面否定している。

 男らに絡まれた記者は、この会見に同席したジャーナリストの片岡亮氏。前出の監禁騒動をブログに書いていたことで、亀田兄弟から名誉毀損だとして、2,000万円の損害賠償を請求する訴訟を起こされており、JBC職員はその片岡氏の記事が事実であったと裏付けるために提訴したとしている。しかし、現場は思わぬ乱入者に危険な空気に包まれた。

 現場にいたジャーナリストの山田厚俊氏は、この暴挙を目撃。自身のブログに「誰かに頼まれたことなのか、本人の独断なのか。いずれにせよ、許せない行為」と記した。

 山田氏は、片岡氏が起こされた訴訟に関してもいち早く報じた記者で、その訴訟自体が“恫喝訴訟”の異名を持つ「スラップ訴訟」だとしている。スラップ訴訟というのは、経済的に優位にある者がそれに劣る弱者に対して、言論を封じるなど報復的な目的で起こす恫喝的な訴訟で、高額な裁判費用を相手にかけさせるため、請求額が高いことで知られる。海外では、これを法律で禁じたところもあるほどだ。

 実際、弁護士のホームページではおおよその費用相場が掲載されており、複数のサイトをチェックしたところ、名誉毀損の被告に対する報酬の相場は、着手金が請求額の5%で、成功報酬が10%とされている。仮にその通り算出すれば、2,000万円の訴訟に対して、弁護士に支払う着手金は100万円。勝訴した場合は200万円の報酬となるため、ほか実費などを含めると、片岡氏はたとえ訴えを退けたとしても300万円以上の出費があり、敗訴すればそれ以上の支払いをすることになる。また、控訴審ではさらに費用が上乗せされる。


12
こんな記事も読まれています

【追記アリ】亀田興毅・和毅らに「監禁・暴行受けた」提訴会見直後に“ケイダッシュ関係者”名乗る人物から抗議も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

7日正午ごろ、司法記者クラブがある東京地裁の廊下で、その場にそぐわない怒号が響いた。「て...
写真