日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 「涙は行く場所をなくし、ただそこに落ちるだけ」【田中有紀美】2行詩から続くMelodyの後先
宍戸留美×小明×Voice Artist【声優 on FINDER!】vol.27

「涙は行く場所をなくし、ただそこに落ちるだけ」【田中有紀美】2行詩から続くMelodyの後先

yukimi000.jpg

 元祖フリーアイドルで声優のルンルンこと宍戸留美さんが、自らカメラマンとしてかわいい声優さんたちの写真を撮り、さらにアイドルライターの私(小明)がインタビューする不思議な連載の27回目……ですが、1990年代に輝いたあのアイドルグループ“Melody”の元メンバー・田中有紀美さんが来てくれるとなれば話は別! 今回は特別編でお送りします!

――ゆきどんだ! まさか来てくださるとは! 今回は特別編ですよ~。

田中 特別編ですか、あかりがとうございます(笑)。

――1993年にレモンスカッシュのCMでデビューしてから、今、芸能活動が21年目になりますね。

田中 ね、びっくりしました(笑)。そんなに続いてると思わなかった。20周年も、どこかのレコード会社の方から聞くまで気づかなかった。あんまり、今は何年目とか、誰が先輩で誰が後輩とかを気にしないでやってきちゃって……。

――90年代はアイドル冬の時代と言われていましたし、アイドル同士、横の結束が強いと思ってました。

田中 んー、どうなんですかね~? 大人になってから、先輩達と仲良くさせていただいたとき、「誰が同期で~」って話になって「あ、そういうものなんだ」って気づきました。

――フワフワっとした感じで冬の時代を生き抜いたんですね……。

田中 そうですね、あんまりガツガツしてなかったと思う(笑)。

――なぜ芸能界に入ろうと思ったんですか?

田中 最初はスカウトだったんです。場所はサービスエリア(笑)。Melodyは3人グループで結成したかったらしくて、すでに2人決まっているところで、あとの1人を捜してたみたいで。そこにたまたま私がいて……そのまま家まで追いかけられてスカウトされたんですよ。

――運命的っていうか、怖い! その前から芸能界に憧れとかは?

田中 まったくないです。誘われたので入ってみました。

――誘われて入ってみた芸能界はどうでしたか?

田中 うーん……どうなんだろう……。Melodyは楽しかったですけど、今考えると、学生生活は学生をしていた方が良かったんじゃないかな、と思ったりすることもありますね。

――当時はちょうど16歳くらいで、女子高生ですもんね。学校にはほとんど通えなかったですか?

田中 ほとんど行けなかった……。

――その頃、映画『嵐の季節』に主演されてましたね。どんな話だったんですか?

田中 原作がですね、高橋玄さんで、美保純さんと高嶋政宏さんがいて、その高嶋さんを好きになる女子中学生の役で、えーと、それで、あのー……ハァ(ため息)。

――完全に忘れてるじゃないですか……。

田中 覚えてるんですけど、説明が難しいんですよ。最終的には、結ばれたのかな? うーん? アハハ! これじゃ意味わかんないですよね!

――わかんないです! そのお仕事はオーディションで?

田中 オーディションでした。5次審査までやって、セリフから動きまで全部やって、最終的には高嶋さんがいらして、一緒にお芝居して……残ってる人にはけっこう凄い人がいたんですけど。

――おお、どんな人がいたんですか?

1234

「涙は行く場所をなくし、ただそこに落ちるだけ」【田中有紀美】2行詩から続くMelodyの後先のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

「企画はシンプルなほうがいい」

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」という...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真