日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 『TENGA茶屋』公開収録で……

シャンプーハット・小出水は“義母”に●●していた!? タブーなき「TENGA茶屋」の公開収録で放送禁止用語続出!

tenga_kenkoba0319.jpg

 3月18日に、放送100回を記念して、FM OSAKAの人気ラジオ番組『Midnight World Cafe~TENGA茶屋』の公開収録が大阪・難波の道頓堀ZAZAにて行われた。『TENGA茶屋』は、ケンドーコバヤシと、お笑いコンビ・アインシュタイン(稲田直樹・河井ゆずる)がDJを務めるTENGAの1社提供番組だ。毎週ゲストを迎え、リスナーの投稿と共に「妄想ワールド」(当然エロに限る)を繰り広げる同番組は、いまやPodCastで累計1,600万以上もダウンロードされる人気コンテンツとなっている。

 そんな『TENGA茶屋』の公開収録には、倍率3倍以上の応募の中から当選した18歳以上のリスナーが招待された。平日の真っ昼間にも関わらず、どう考えてもわざわざ有給をとってきたであろう妄想リスナーたちが、名古屋や広島など、他県からも多数参加。「なんちゅう妄想してんねん! っていう人が横に座ってるわけですよね」というケンコバの言葉の通り、番組ではその投稿がおなじみとなっているリスナー、「前立腺四天王」らも参戦した。

 そして、この日のスペシャルゲストとして紹介されたのは、番組初登場となるシャンプーハットの“こいちゃん”こと、小出水直樹。関西では“しょうもないエロトーク”といえば、ケンコバかこいちゃんか……と言われる下ネタ芸人(!)だ。

 登場から、「この番組って、ウワサによると何でも言っていいんでしょ? 公開収録なのに、全裸で登壇してもよかったらしいし」と、やる気を見せたこいちゃんは、「番組史上もっとも長かった」という「妄想トーク」を展開。

 嫁の妹や義理のお母さんとの、絶対ダメな妄想話で会場を沸かせていた。

 その後も、「あれはケンドーコバヤシの仕業じゃないのか!?」をはじめ、生で聞く人気コーナーに盛り上がる会場。ケンコバがあの人気タレントに、指をアナルに入れられてしまった事件や、TBS・枡田絵理奈アナに叱られた話、さらには一時ハマっていたという「ベランダでオナニー」の魅力など、終止笑いが止まない収録となった。

 さらに、番組の最後には、今年3年目を迎える同番組の3代目アシスタントが突如発表されて……内容の濃すぎる1時間になること間違いなし! のこの放送は、3月29日の深夜25時30分より、お楽しみいただきたい。

IMGP3724s.jpg会場は立錐の余地なし。

●『Midnight World Cafe~TENGA茶屋』
放送日時:毎週土曜 深夜25:30~26:30
DJ:ケンドーコバヤシ、アインシュタイン
番組公式ブログ<http://blog.fmosaka.net/tenga/
※OA地域にお住まいでない方も、PodCastや番組HPからダウンロードしてお楽しみいただくことができます。

最終更新:2014/03/21 21:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed