日刊サイゾー トップ > 海外  > 調査捕鯨中止命令に意外な声

「アジアの食文化が白人に否定された」日本の調査捕鯨中止命令に、中国から意外な声

a0002_002766.jpg鯨ベーコンも食べられなくなる!?(「足成」より)

 オランダ・ハーグの国際司法裁判所で、日本の調査捕鯨を禁止する判決が出された。南極海での調査捕鯨が国際捕鯨取締条約に違反するとして、オーストラリアが差し止めを求めた訴訟で、同裁判所がオーストラリアの主張を全面的に認め、今後の南極海の調査捕鯨を許可しないよう命じたのだ。


 日本側は「判決を受け入れる」としており、1987年から続いていた南極海での調査捕鯨は中止されることとなる。

 日本は、北西太平洋でも調査捕鯨を実施しているが、今回の判決は南極海に限定されており、北西太平洋の調査捕鯨の停止は求めていない。しかし、調査捕鯨中止を求める国際世論の中、北西太平洋でも今後、捕獲数の削減など大幅な見直しを迫られる可能性も出てきそうだ。
 
 一方、この一件に意外な反応を示しているのが中国人民だ。

 中国版Twitter「微博」には、

「小日本の負けだな。ざまあみろ」
「欧米でも日本は味方がいないな」

といったお決まりの日本批判もある一方、

「これは、アジアの食文化が白人社会に否定されたということだ。次にやり玉に挙げられるのは、我らが犬肉かもしれない」

と、対岸の火事ではないとする意見もある。また、

「美食の日本人がこれほどまでにこだわる鯨を、一度は食べてみたいな」
「鯨が食べられなくなる前に、日本に食べに行くべきかな」

と、日本の鯨肉食文化への興味を表明する書き込みも見られた。

 そもそも中国人は、「飛ぶものは飛行機以外、四本足のものは机とイス以外」なんでも食べるというほど、食に寛容な国民性。日本は彼らを鯨肉でもてなして籠絡し、鯨肉食文化保護のために共闘すべし? 
(文=牧野源)

最終更新:2014/04/01 16:30

「アジアの食文化が白人に否定された」日本の調査捕鯨中止命令に、中国から意外な声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

東方神起・ユンホ“19禁MV”の凄味

────劇場か、配信か。映画の公開形態はこのどち...…
写真
インタビュー

オズワルド「M-1決勝に行けなかったら忘れられる」

オランダ・ハーグの国際司法裁判所で、日本の調査捕鯨を禁止する判決が出された。南極海での調...
写真