日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 過密ロケ中に西島秀俊が…

TBS超大作ドラマ『MOZU』視聴率不調も気にしない!? 過密ロケ中に西島秀俊が……

mozu0508.jpg木曜ドラマ劇場『MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~』|TBSテレビ

「業界内での評判とは対極的に、視聴率が右肩下がりなのは残念の一言ですね。良質なドラマ=高視聴率ではないと頭では分かっていても、悔しいですね」(TBS関係者)


 5月1日に放送された西島秀俊主演のTBS系連続ドラマ『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』の第4話の平均視聴率が10.3%(ビデオリサーチ調べ 関東地区/以下同)と、初回の13.3%から回を追うごとに数字が下がってきている。

「当初は裏の小栗クン主演の『BORDER』(テレビ朝日系)よりも数字は良かったのですが、話が難しいのか、回を追うごとに視聴者が離れているようです。『BORDER』は、死者と話ができるという分かりやすい内容ですからね。こちらはWOWOW分も含めてすべて撮り終えているので、もう一喜一憂しても仕方がないんですけど……」(WOWOW関係者)

 撮影は、昨年の秋から8カ月にわたって行われていたという。

「TBS版の撮影は昨年の秋口から始まって、年末に終わりました。地方ロケが多く、多い人だと東京と地方を10往復くらいしていたはずです。WOWOW版の撮影は2~4月末で、出演者のほとんどがハードスケジュールで、あまり一緒に飲みにも行けなかったようです。そのため、みなさん地方から帰りの飛行機が同じときは、空港で飛行機を待つ10分くらいの間に一杯やっていましたよ。西島さんが『先輩、時間ないですが一杯やりましょう!』って、ビールを買って回っていましたね。それも、立ち飲みに近い感じで、グイッと空けて飛行機に乗る、という慌ただしい感じでした。出演者全員が『今までにない面白いものを作っている』という自負があったドラマなので、数字が良いに越したことはないですが」(芸能事務所関係者)

 今のところTBSとWOWOWの新しい試みの成果は出ていないが、テレビドラマに新風を巻き起こしたことは間違いない。

最終更新:2014/05/08 18:00
こんな記事も読まれています

TBS超大作ドラマ『MOZU』視聴率不調も気にしない!? 過密ロケ中に西島秀俊が……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

レイプ殺人や自殺が相次ぐ地域って!?

「業界内での評判とは対極的に、視聴率が右肩下がりなのは残念の一言ですね。良質なドラマ=高...
写真