日刊サイゾー トップ > 芸能  > のりピー古巣事務所へ電撃復帰か

ASKA事件にも沈黙……本格復帰かなわぬ“のりピー”酒井法子、古巣事務所へ電撃復帰の動き

rfwqdkgbgrfeqn0616.jpg

 今から5年前の2009年夏、覚せい剤取締法違反で逮捕され、日本中を震撼させた歌手で女優の酒井法子。執行猶予明けの12年12月に主演舞台で芸能界復帰を果たしたが、先月、ASKA容疑者が薬物事件で逮捕されると、名前こそ出たものの、当時のことが大きくクローズアップされることはなかった。


「ワイドショーは、本来ならば酒井にASKA容疑者のことを直撃して薬物依存の恐怖について語ってもらいたかったが、逮捕前に約1週間にわたって逃亡したことがいまだに尾を引き、番組のスポンサーから『酒井はNG』とお達しが出ている。とはいえ、もともと、所属事務所サイドも、事件を振り返るような内容の番組出演はNGのようだった」(ワイドショー関係者)

 確かに、復帰後、酒井がテレビに出演したのは、民放では昨年10月の『さんまのまんま』(関西テレビ)くらい。

「明石家さんまが『なんとしても、のりピーを出したい』と懇願し、渋々スポンサーサイドもクビを縦に振った」(関西テレビ関係者)というが、本格的な復帰に至らない原因は、現在の所属事務所にあるという。

「所属事務所の社長はもともと酒井の古巣の大手芸能プロ・サンミュージックの社員で、酒井に相談され、復帰に際して契約した。ところが、事務所の運営を考えすぎるあまり、とにかくすぐに金になる仕事に飛びつき、ギャラが1本100万円といわれる関西地方でのパチンコ営業、地方でのディナーショーやイベント出演を優先。昨年12月には、出演が決まっていた今井雅之が脚本・演出を手がけた舞台のドタキャン騒動が浮上したが、金銭面で折り合わず、社長がNGを出したようだ。単発の仕事ばかり入れるので、なかなかドラマや映画のオファーが来てもスケジュールが取れない。酒井と事務所の契約は今年の秋で更新となるが、酒井は悩んで、周囲に移籍の相談をしているようだ。結局、女優としての仕事を得られるよう、古巣への電撃復帰が濃厚となった」(芸能プロ関係者)

 酒井の思惑通りに事が運ぶか、今後の展開が注目される。

最終更新:2014/06/18 08:00

ASKA事件にも沈黙……本格復帰かなわぬ“のりピー”酒井法子、古巣事務所へ電撃復帰の動きのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「大政奉還」徳川慶喜の誤算

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

今から5年前の2009年夏、覚せい剤取締法違反で逮捕され、日本中を震撼させた歌手で女優の...
写真