日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > AKBアカ乗っ取りの量刑は?

AKB48高城亜樹が被害訴えた「Twitter不正アクセス」量刑は……警察当局に期待される徹底捜査

51-inYu9wDL.jpg「AKB48 公式生写真 鈴懸なんちゃら 通常盤 封入特典 Mosh&Dive Ver. 」

 18日深夜に、AKB48高城亜樹のTwitterに投稿された「今日はみちゃとSBの今宮選手と森選手と4人で食事したよ(*^^*)」というツイートが波紋を広げている。


 このツイートはすぐさま削除されたものの、55万人のフォロワーに拡散され、ファンの間で話題を呼んだ。

「“みちゃ”は、おそらく元AKB48の野中美郷、それにプロ野球・ソフトバンクホークスの今宮健太投手、森唯斗投手と思われます。この4人の目撃情報がネット上の匿名掲示板に書き込まれていたこともあり、当初は高城がプライベートなメッセージを誤って自分の公式アカウントに“誤爆”したものと思われました」(芸能ライター)

 ところが、事態は意外な展開を見せる。高城はこの書き込みを「書いてない」「覚えの無いツイート」などと再三アピールし、アカウントの“乗っ取り”を示唆。さらに「今後の対応対策は、事務所の大澤さんが弁護士と相談してくれてます」とした。

 その後、高城が所属するワタナベエンターテインメントの大澤剛取締役と、TMI総合法律事務所の升本喜郎弁護士が、連名で「第三者が高城のTwitterアカウントに不正アクセスをして送信したものです」と明言。警視庁サイバー犯罪対策課に捜査を依頼したことを明かした。

 不幸にも不正アクセス被害に遭った高城だが、果たして“犯人”は、どんな罪に問われることになるのだろうか?

「他人のパスワードを使って認証を作動させることは『不正アクセス行為の禁止等に関する法律』によって禁止されていて、違反すると3年以下の懲役、または100万円以下の罰金に処せられることになっています。仮に犯人が逮捕・起訴された場合、『みちゃとSBの今宮選手と森選手と4人で食事した』という事実無根の書き込みが、高城にとってどれほどの被害にあたるのか……というのが、量刑判断のカギになってくるでしょうね」(ネットに詳しいライター)

 いずれにしろ、不正アクセス禁止法では、他人のパスワードでログインした時点で犯罪となる。実際の被害の大小にかかわらず、トップアイドルのアカウント乗っ取りとなれば社会的影響も甚大。当局の徹底的な捜査が待たれるところだ。

最終更新:2014/12/03 13:20
こんな記事も読まれています

AKB48高城亜樹が被害訴えた「Twitter不正アクセス」量刑は……警察当局に期待される徹底捜査のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

18日深夜に、AKB48高城亜樹のTwitterに投稿された「今日はみちゃとSBの今宮選...
写真