日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ辛口研究所  > ジャニーズ若手の悲喜こもごも
テレビ辛口研究所

片や解体、片や“干され→復活”……Sexy ZoneとHey!Say!JUMP、ジャニーズ若手の悲喜こもごも

ryouchan0718.jpg

 先日、メンバー再編が発表されたジャニーズ事務所の5人組グループ・Sexy Zone。「今後は佐藤勝利、中島健人、菊池風麿の3人+流動的にメンバーを入れ替えていく」という方針に、ファンからは憤りの声が続出していた。

 グループから外されたかたちの松島聡、マリウス葉のファンが嘆くのは当然だが、「残留した3人もオワコンだよ」「あんなヲタからも見放されてるオワコン集団に入りたい奴いるの?」など、残留組ファンやJr.ファンも、誰も喜ばない特殊な状況である。

 報道発表では、ジャニー氏が「一人一人が大きくなるためのステップ」などと語ったとされているが、一部ファンの間では「ジャニーさん、大丈夫?」と不安視する声も出ている。

 ジャニーズに詳しいテレビ誌記者は言う。

「ジャニーさんが自分のお気に入りをプッシュするのは昔からですが、かつてはそこにちゃんと良識がありました。たとえば、V6結成時、『森田剛が入らないなら自分もやらない』と言う、お気に入りの三宅健に対し、ジャニーさんが『剛を入れると、剛がセンターになっちゃうよ』と返したのはよく知られた話。。また、中山優馬のためにHey!Say!JUMPの人気メンバー・山田涼介と知念侑李を引っ張ってきてNYCを作ったときも、最初は中山がセンターだったのに、途中から一番人気の山田がセンターに代わりましたよね。ところが、これまで一応の良識は持っていたジャニーさんが、佐藤勝利をセンターに推し続けるSexy Zoneからおかしくなってしまった気がします」

 佐藤勝利初出演ドラマ『ハングリー!』(関西テレビ)での「ヤサイドロボーガイルヨ」の伝説的棒ゼリフから、少々成長はしたものの、舞台の座長をやらせたり、声量のないウィスパーボイスでソロライブをさせたりと、確かにジャニーさんの最近のゴリ押しは目に余るほど。だが、Sexy Zoneの格差や再編成について、別の記者は言う。

「どうも、ジャニーさんのやり方とは思えないんですよね。ジャニーさんは、完全に裏切られたときには冷酷になりますが、そうでない限り、基本的に見捨てない人のはず。赤西仁や山下智久、内博貴など、問題を起こした人にもチャンスを与え続けてきたわけですし、『お気に入りだから』と言う人もいますが、デビューさせている人は基本的にみんなある程度お気に入りのはず。それよりも、明らかな格差売りや解体は、Kis-My-Ft2やSMAPを手掛けた飯島さんのやり口のように見えて仕方ありません」
 ところで、Sexy Zoneが暗い話題ばかりとなっている今、対照的に、勢いに乗っているのが、Hey!Say!JUMPだ。

12

片や解体、片や“干され→復活”……Sexy ZoneとHey!Say!JUMP、ジャニーズ若手の悲喜こもごものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

さらば青春の光インタビュー

先日、メンバー再編が発表されたジャニーズ事務所の5人組グループ・Sexy Zone。「今...
写真