日刊サイゾー トップ > 芸能  > 特典商法を捨てた金爆、結果は?

“特典商法”を捨てたゴールデンボンバー、CD販売4.3万枚の真価とは?「過去には特典トラブルも……」

gb0829.jpg『ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン まとめ本』(扶桑社)

 ビジュアル系エアバンド・ゴールデンボンバーの新曲「ローラの傷だらけ」(Zany Zap)が初週のオリコンランキングで2位にランクイン、4.3万枚を売り上げたことが分かった。


 今回、ゴールデンボンバーは握手会や懸賞などの“特典”を一切付与しない形でCDを発売。結果、前作「101回目の呪い」(同)の15.8万枚から7割減のセールスとなった。

 これについて、ボーカルの鬼龍院翔は自らのブログで、「CDに音楽以外の特典を沢山つけていたグループが特典を突然一切無くすとこうなるという結果が出ました。この数字から今の音楽とは一体何なのか、音楽は一体どのように消費されているのか、それらが見えてくると思います」などとコメント。また、特典握手会付きの「無音CD」の発売を提案し、却下されていたことなどを明かした。

「現在、日本の音楽シーンではCDにさまざまな特典を付与することが常識になっている。実際、ゴールデンボンバー自身も、前作や前々作の『Dance My Generation』(同)を特典付きで発売しており、ともに10万枚を超えるスマッシュヒットとなっていた。今回の結果は、鬼龍院自身がブログで『僕たちのCDの売り上げ枚数でいうと音楽は特典に勝てない』と告白している通り、マーケットにおける“特典商法”の効果を裏付ける形になりました」(音楽ライター)

 今回のゴールデンボンバーの試みは、現在の音楽マーケットに一石を投じることになりそうだが、こうした動きには伏線があったという。

「昨年1月に『Dance My Generation』を発売した際、この曲を含む関連CDを3,000円以上購入すると握手券が付くという、AKB48らのアイドルグループより露骨な“特典商法”で、一部ファンからブーイングを浴びた。しかも、その握手券が先着順だったため、オークションなどで高値取引される例が相次いだ。さらに、ツアーチケットにバックステージパスが付いた招待券が当たる応募券も封入されたが、一部商品に封入漏れがあり、大きなトラブルになっていた。鬼龍院もこの際にはブログで苦しい心境を吐露していたが、今回の“特典なし”の試みにはファンの称賛の声が集まっているようだ」(同)

 ゴールデンボンバーがこうした試みに出られたのも、あくまでインディーズレーベルにこだわり続けたからこそ。音楽とCDソフトの価値を世に問うた彼らの挑戦と結果は、メジャーシーンにはどう映っただろうか?

最終更新:2014/08/29 08:00

“特典商法”を捨てたゴールデンボンバー、CD販売4.3万枚の真価とは?「過去には特典トラブルも……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

村西とおるが緊急エール!

ビジュアル系エアバンド・ゴールデンボンバーの新曲「ローラの傷だらけ」(Zany Zap)...
写真