日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芦田愛菜がヨーカドーでドサ回り

『明日ママ』出演のせいで……? 芦田愛菜がイトーヨーカドーで“ドサ回り”三昧のワケ

ashidammana0902.jpg『ふぁいと! ! /ゆうき』(EMI Records)

 一時期の勢いがウソのように、このところすっかり公の場から遠ざかっている子役・芦田愛菜。

 23日には、東京・江東区のイトーヨーカドー木場店で開催された「夏休みスペシャルイベント」に、ブレークのきっかけとなったドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)で共演した鈴木福とともに参加した。


 しかし、本業の女優業では6月に主演映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』が公開され、30日から31日にかけて放送された日本テレビ系チャリティー特番『24時間テレビ』中のドラマ『はなちゃんのみそ汁』に出演したくらい。

「スケジュールが空きまくっていたが、さすがに稼働させないといけないので、ニューシングル『ふぁいと!!/ゆうき』(7月29日発売)の発売記念イベントで、全国各地のイトーヨーカドーなどを飛び回っていた。芦田にとっては、夏休みの思い出=イベントになったようだが、女優が本業だけに、まさかの“ドサ回り”だったのでは」(音楽関係者)

 芦田といえば、今年1月から放送された、児童養護施設を舞台にした主演ドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)で、野島伸司氏の脚本に対して、「視聴者の誤解と偏見を呼び、施設で生活している子どもたちの人権を侵害しかねない」などと関係各所から“物言い”が付き、スポンサーがCMの放送を自粛する騒動に発展。脚本の内容を大幅に変更し、なんとか全9話が放送されたが、オファーを受けたことで芦田は“足踏み状態”に陥ってしまったようだ。

「大手芸能プロもバックについて、10歳にしてすでに大御所の芦田だけに、ドラマのオファーは主演クラスばかり。ところが、日テレが『明日ママ』でのトラブルに巻き込んだことに対する“見返り”として、主演作を用意することになっているが、なかなか放送開始のスケジュールなどが決まらず、ほかの局がオファーできない状態になってしまった。同じ子役出身だと、『家なき子』(日本テレビ系)でブレークした後の安達祐実と同じように、かなり使いにくくなってしまった。くしくも、天才子役ともてはやされた安達も芦田も、野島脚本の日テレドラマで“足踏み”することになった」(テレビ関係者)

 その状態を脱するためにも、芦田サイドは慎重に次回作を吟味した方がよさそうだ。

最終更新:2014/09/03 08:00

『明日ママ』出演のせいで……? 芦田愛菜がイトーヨーカドーで“ドサ回り”三昧のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

コロナ以後の里山資本主義

一時期の勢いがウソのように、このところすっかり公の場から遠ざかっている子役・芦田愛菜。 ...
写真