日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > “ブラック女帝”たかの友梨
週刊誌スクープ大賞

ユニクロ、ワタミだけじゃなかった! “ブラック女帝”たかの友梨の厚顔無恥ぶり

cover_gen20140920.jpg「週刊現代」9/20・27号

今週の注目記事
第1位
「ブレーン(本田悦朗・内閣官房参与)が決意の告白!『総理と差し違えても、「消費税10%」は阻止します』」(「週刊現代」9/20・27号)

第2位
「大原麗子が綴っていた『森進一との離婚』『田村正和への思い』『渡瀬恒彦と暮らした日々』」(「週刊現代」9/20・27号)

第3位
「景気急降下、再びデフレへ」
(「週刊現代」9/20・27号)

第4位
「佐々木主浩『実娘号泣告白』『継母・榎本加奈子は中2の私を追い出した』」
(「週刊文春」9/11号)

第5位
「“ブラック女帝”たかの友梨『残業代払えない』のに15億円豪邸」
(「週刊文春」9/11号)

第6位
「朝日新聞の断末魔」
(「週刊文春」9/11号)
「『47都道府県購読シェア』が示す大新聞離れの猛スピード」(「週刊ポスト」9/19・26号)

 今週は珍しく、週刊現代が1位から3位までを独占した。めでたい!

 文春と新潮の朝日新聞批判はとどまるところを知らないが、朝日新聞の連載陣からも批判が出ている。

「今回の検証は、自社の報道の過ちを認め、読者に報告しているのに、謝罪の言葉がありません。せっかく勇気を奮って訂正したのでしょうに、お詫びがなければ、試みは台無しです。朝日の記事が間違っていたからといって、『慰安婦』と呼ばれた人たちがいたことは事実です。これを今後報道することは大事なことです。でも、新聞記者は、事実の前で謙虚になるべきです。過ちは潔く認め、謝罪する。これは国と国との関係であっても、新聞記者のモラルとしても、同じことではないでしょうか」

 これは、9月4日の朝日の連載コラム「池上彰の新聞ななめ読み」上の、池上氏の言葉である。

 月に1回の新聞批評だが、本来これは8月末に載るべきものだった。これを朝日が掲載拒否したため、池上氏が連載を降りると言いだし、渋々朝日が「社内での検討や池上さんとのやり取りの結果」、掲載することが適切だと判断したというのである。

 何をバカなことを、というのが私の感想である。週刊誌には、多くの社外ライターによる連載やコラムがある。編集部の方針と違うことをその人たちが書くことはままあるが、それだからといってその週は掲載しないとか、書き換えてくれなどということはありえない。

 9月4日の朝日新聞には週刊文春と週刊新潮の広告は出ていたが、新潮には●が2カ所ある。東京新聞によると、「売国」と「誤報」という言葉だという。

 確かに、文春も新潮も広告のほとんどが朝日批判の文言で埋め尽くされている。これを見る朝日の人間はつらいとは思うが、身から出たサビである。耐えなければいけない。

 新潮は、ウルトラ保守の作家・百田尚樹氏まで動員して批判しているが内容に新味はない。強いてあげれば、従軍慰安婦について書いた元朝日記者で、今は北海道の北星学園大学で非常勤講師を務める植村隆氏が、コンビニへ走って新潮と読売新聞を買い込み、じっと目を凝らしていた(それを新潮の記者がじっと見ていた)というところか。

 文春は、朝日新聞内部に強力な「協力者」がいるのであろう、内容的には一日の長がある。木村伊量社長の社内メールがそっくり載っている。

「『慰安婦問題を世界に広げた諸悪の根源は朝日新聞』といった誤った情報をまき散らし、反朝日キャンペーンを繰り広げる勢力には断じて屈するわけにはいきません」

「今回の紙面は、これからも揺るぎのない姿勢で慰安婦問題を問い続けるための、朝日新聞の決意表明だと考えています」

 決意はいいが、朝日の名物コラム「素粒子」を執筆していたOB轡田隆史氏の言葉をなんと聞く。

「木村社長自らが一面に登場して、潔く謝罪するべきでした。朝日の『従軍慰安婦』報道は決定的にひどい誤報です。(中略)何の説明にもなっていない記事を出してうやむやにし、時間が経過するのを待っているように思える。今の朝日は、醜態を晒し続けています」


123456
こんな記事も読まれています

ユニクロ、ワタミだけじゃなかった! “ブラック女帝”たかの友梨の厚顔無恥ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

瓜田純士の夫婦喧嘩が映画で解決!?

今週は珍しく、週刊現代が1位から3位までを独占した。めでたい! 文春と新潮の朝日新聞批判...
写真