日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉高、朝ドラでひと皮むけた?

『花子とアン』クランクアップの吉高由里子が、ひと皮むけた!?「今までの主演は主演じゃなかった」

yoshitaka0910.jpg

「先週の週間平均視聴率も23.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、放送開始から23週連続で21%を超えています。すでに局内では、次の朝ドラがこれだけの数字を取れるのか、心配の声が上がっていますよ」(NHK関係者)


 相変わらず高視聴率が続いている、吉高由里子主演のNHK連続テレビ小説『花子とアン』。先月26日にクランクアップしたが、主演の吉高は10カ月に及ぶ長丁場の撮影について、親しい人にこう漏らしていたという。

「実は撮影期間中、台本は早めに上がっていたのですが、監督が丁寧に撮る人で、常に2~3時間撮影が押していたんです。それで、東京に帰る予定だった日も、吉高さんだけ急きょホテルを取って泊まったりしていたそうです」(ドラマ関係者)

 主演で出演シーンが多いだけに、そういったことは頻繁にあったという。

「それで吉高さんも『最初はそれを“え?”って思ってたけど、これが朝ドラの主演なんだって実感した』そうです。『最初は慣れないことで体調を崩したけど、これはやってみないと分からなかったこと。今までやってきた“主演”は本当の“主演”ではなかった。これで女優として一皮むけた気がします』と、吉高さんらしい言葉で振り返っていました。『しばらく休まないと』と、最後はやりきった表情でしたね」(同)

 女優の階段を一段上った吉高の次回作が楽しみだ。

最終更新:2014/09/10 12:00
こんな記事も読まれています

『花子とアン』クランクアップの吉高由里子が、ひと皮むけた!?「今までの主演は主演じゃなかった」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...…
写真