日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > AKB写メ会復活もみるきー不満

AKB48「写メ会」9カ月ぶり復活も、防犯対策に渡辺美優紀が反発!“ファンにお触り”不可で……

watanabe_shame0529.JPGTwitterより

 AKB48の運営は19日、5月に起きた握手会襲撃事件を受けて延期していた“写メ会”を、約9カ月ぶりに再開させることを発表した。

 CD購入特典として行われる写メ会は、ファンがメンバーとツーショット写真を撮影する交流イベント。今回発表されたのは、6月に予定していた「AKB48『次の足跡』劇場盤発売記念大写真会」(キングレコード)で、来年2月と5月に行われる。

 握手会同様、以前はなかった金属探知機による手荷物検査が実施されるほか、撮影中のルールなども変更。主催するキングレコードの公式サイトでは、諸注意が案内されている。

「最も大きく変わるのは、メンバーとファンがイスに座り、2人の間に大きな丸テーブルが置かれるということ。事件以降、握手会では、ファンとメンバーの間に柵が設置されるようになりましたが、テーブルはこれに代わるもののようです」(芸能ライター)

 このほかにも、「2人でハートを作るポーズのみ、指先が触れるのはOK」「身を乗り出しすのはNG」など、ポーズの細かい注意点が案内されている。

 これに、写メ会での“お触り”がウリのNMB48・渡辺美優紀は、Twitterで「写メ会テーブルが入ったのか、、くっそー!笑 靴固定されるしさらにテーブルときたか、、どうしよ」などとツイートしている。

「3月に男性スキャンダルで騒動となった渡辺は、ファン離れを食い止めるため、写メ会でこっそりファンの手を握ったり、胸を押しつけるなどの過剰サービスを行ってきた。彼女は、この必死さが『面白い』と評価される一方で、当然、世間から『下品』『もはや風俗』との悪評も。グループの品位を落とす危険があるため、運営は渡辺の靴を床に固定する対策を行ったが、渡辺は靴を脱いでファンに近づくなどの応戦を見せた。今度のテーブルを挟んだ不利な状況で、彼女がどのような工夫を見せるか見ものです」(同)

 メンバーを守るためのテーブルも、渡辺にとっては邪魔なものでしかなさそうだ。

最終更新:2014/11/20 23:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

AKB48「写メ会」9カ月ぶり復活も、防犯対策に渡辺美優紀が反発!“ファンにお触り”不可で……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

AKB48の運営は19日、5月に起きた握手会襲撃事件を受けて延期していた“写メ会”を、約...
写真