日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『アメトーーク』炎上に関係者も青息吐息

『アメトーーク』ロリコン発言にテレ朝「さまざまな意見がある」…渦中の“カラタチ”に同情の声も

文=日刊サイゾー

『アメトーーク』ロリコン発言にテレ朝「さまざまな意見がある」…渦中のカラタチに同情の声もの画像1
『アメトーーク』公式サイトより

 22日に放送された『アメトーーク』が物議を醸している。

 この日は「もっと売れたい芸人」というテーマで、トークが展開。そんな中、アイドルオタクとしても知られる吉本興業所属のお笑いコンビ・カラタチの前田壮太にスポットが当たる場面があった。前田は若い女性が好きだということを追求されるくだりで、「虐げられているんですよ、ロリコンって言われて。小さいアイドルを応援していると。アメリカの仲間とか、体内にGPSとか埋め込まれてますよ」と発言。

 アメリカでは性犯罪者にGPSを装着されることは有名だが、そうした犯罪者を“仲間”と称したことが、SNSを中心に物議をかもす結果に。これを受け、27日に行われたテレビ朝日の定例会見で西新取締役が「さまざまな意見がありますので、しっかり受け止めさせていただいて、次回以降、番組の作りに反映させていければと思います」と見解を述べた。

 定例会見で話題にあげられるほどの大ごとに展開し、お笑い関係者からは青息吐息がこぼれている。

「カラタチは3月に放送された『アメトーーク』の『NEXTお笑い第七世代』に出演した際、重度のアイドルオタクとして注目を浴び、散々いじられていたんですね。そうした前フリがあったので、『もっと売れたい芸人』で同じようにいじられたわけですが、やっぱり“ロリコン”というワードをはっきり出すのはこのご時世マズかった。せっかく『アメトーーク』で知名度をあげたのに、まさか同じ番組に足をすくわれるとは……」

 東京NSC16期生のカラタチは、今年で芸歴10年目。そろそろ、知名度をあげていきたいタイミングだっただけに、今回のことは痛手になりそうだ。

「もちろん、発言の責任はカラタチにありますが、編集サイドももう少し慎重になるべきだったかもしれないですね。彼らは『もっと売れたい芸人』の中でもダントツで知名度が低かったので、爪痕を残そうと必死になったんでしょう。テレビでのフリートークにもあまり慣れてない状況で、周りに煽られてエスカレートしてしまった部分は、制作サイドがフォローしてあげればよかったんじゃないかと。彼らは実際にロリコンというわけじゃないですし、そうした犯罪を肯定するつもりもなかったはずです。プロデューサーの加地(倫三)さんは、コンプラをかなり気にしていると聞いていたので、“ロリコン”発言をそのまま流してしまったことも意外でした」(テレビ局関係者)

 イメージダウン必死のカラタチだが、ここからどう再起するのか。芸人としての真価が問われることになりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/28 13:00

『アメトーーク』ロリコン発言にテレ朝「さまざまな意見がある」…渦中の“カラタチ”に同情の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

「部落問題」を明るく語り合う実録映画

 マスコミタブーのひとつ、よく分からないから...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(4)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 【「天涯...
写真