日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > Hカップ松岡ちなが鮮烈AVデビュー!

今度の妹は本当にすごいらしい! ヌードグラビアで人気のHカップ美少女、松岡ちなが鮮烈AVデビュー!

matsuokachina04.jpg

 大手週刊誌のヌードグラビアなどで話題を呼んだ、最強の素人娘“ちな”こと松岡ちなが、12月にソフトオンデマンドから衝撃のAVデビューを果たす。ネットではすでに話題急騰中で、身長148センチと小柄ながらもHカップというその豊満ボディに「久々の逸材」「今年最後の大型新人」と賞賛の声が。12月7日にはエムズ秋葉原店でデビュー作『松岡ちな AVデビュー』の発売記念イベントも開催予定。そんな彼女にデビュー前の心境や、可愛い笑顔からは想像もつかないちょっとイケナイ性癖について語ってもらった。

matsuokachina02.jpg

──デビュー作がいよいよ発売です。おめでとうございます。

松岡ちな(以下 ちな) ありがとうございます。

──週間誌のグラビアでも、ヌードからスタートだったそうですが、いきなり人前で脱ぐことに抵抗はなかったんですか?

ちな 最初は普通にグラビアタレントとして活動しようと思っていたんですけど、ヌードは「言われて流れ」という感じでしたね。でも、「どうせやるんだったらいいかな」みたいなところがありました。いろんなことに挑戦したかったんです。

──グラビアの反響がまたすごかったみたいですね。

ちな グラビアのすぐあとにTwitterとかを始めさせていただいたんですけど、けっこう見てくれる人が多いんだなって、びっくりしました。すごくうれしかったです。

matsuokachina06.jpg

──出身は福岡ということですが。

ちな そうなんです。でも、今年の4月に上京しました。グラビアを始める直前くらいです。そのすぐ後に20歳になって、ひとり暮らしも始めたんだし、いろんなことを自分の中で解禁しようって。ヌードになったのも、そんな理由からです。

──福岡時代はどんな女の子だったんですか?

ちな 昔はネクラでした(笑)。漫画とかゲームとかが好きで、お外に出るよりも、ずっと家にいるようなタイプ。人と話すことも苦手で、目立たない女の子だったんですけど、その反動で逆に今、目立ちたくなったのかも。

──おっぱいは昔から大きかったんですか?

ちな そうですね。小学校の頃からコンプレックスではありましたね(笑)。とにかくそこがすごく目立ち過ぎちゃって。当時はプールの授業とか全然出なかったし、体育も嫌いでした。運動は、本当は大好きで、部活動とかもやりたかったんですけど、胸を見られるし、言われるしって(笑)。先生がそのへんを理解してくれて、いろいろと気を遣ってくださったりもしました。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed