日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高嶋政伸、離婚で仕事増えた?

「離婚して仕事が増えた!?」高嶋政伸“悪”のイメージで演技の幅が急拡大!

takashima125.jpg『HOTEL セカンドシーズン』(ポニーキャニオン)

「離婚しても仕事にまったく影響がない、珍しい例ではないでしょうか。今も、映画にドラマに引っ張りだこですからね。逆に、離婚してから演技の幅が広がったと評判ですよ」(ドラマ関係者)


 1月クールで沢村一樹主演の人気ドラマ『DOCTORS 3~最強の名医~』(テレビ朝日系)に出演が決まった高嶋政伸。高嶋演じる森山卓の強烈なキャラクターも健在で、再びお茶の間の話題をさらいそうだ。

「高嶋さんは離婚騒動の影響からか、『最近はヒステリックな役か敵役、悪人役しか来なくなりましたよ』と自虐気味に笑っていました。確かに、美元さんとの離婚トラブルはドラマ以上に面白かったですからね(苦笑)」(テレビ局関係者)

 ただ、それでも元来の性格の良さからか、仕事に困ることはないという。

「40代後半で、彼のような善悪両方演じられる役者さんは少ないですからね。以前は“善”のイメージが強かったので、そのぶん今は“悪”の役がハマっているんでしょう。今後も、主人公と対立する役柄は増えるでしょうね」(芸能事務所関係者)

 ひとまず、『DOCTORS 3』での怪演を楽しみに待ちたい。

最終更新:2014/12/08 08:00
こんな記事も読まれています

「離婚して仕事が増えた!?」高嶋政伸“悪”のイメージで演技の幅が急拡大!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

「離婚しても仕事にまったく影響がない、珍しい例ではないでしょうか。今も、映画にドラマに引...
写真