日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > “お笑い氷河期”いつまで続く?

『THE MANZAI』視聴率11%、『キングオブコント』8.3%、『R-1』7.2%……“お笑い氷河期”いつまで続く?

THEMANZAI.JPGフジテレビ『THE MANZAI2014~年間最強漫才師トーナメント!~』番組サイト

 14日に生放送された『THE MANZAI2014~年間最強漫才師トーナメント!~』(フジテレビ系)の平均視聴率が、11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことが分かった。

 歴代視聴率は、パンクブーブーが優勝した2011年が15.6%、ハマカーンが優勝した12年が17.3%、ウーマンラッシュアワーが優勝した昨年が12.5%。今年は過去最低だった。

 にもかかわらず、フジテレビは胸をなで下ろしているという。

「過去に類を見ない“お笑い氷河期”といわれる昨今、ネタ番組はゴールデン帯でも2ケタ取れれば万々歳。10月に生放送されたコントの大会『キングオブコント』(TBS系)は8.3%と惨敗し、3月に放送された『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)も7.2%と過去最低を記録。そんな現状から、フジは今年の11.0%を及第点と捉えているようです」(テレビ誌ライター)

 今年の『THE MANZAI』の王者となった博多華丸大吉の博多大吉は、番組終盤、滑り込ませるように「この寄席に出てない方も、僕らの先輩たちも、本当に面白い漫才師さんは劇場にいますので、ぜひ皆さん、劇場に足を運んでください!」とコメント。視聴者に劇場や、テレビに出ていない芸人の存在をアピールした。

「最近はお笑い番組の低迷のみならず、ライブの不入りも深刻化。吉本興業が経営する東京・新宿の『ルミネtheよしもと』は、7月から平日昼公演の当日券を4,700円から2,000円に大幅値下げしたものの、期待していたほどの効果は得られていないそう。また、1年前に千葉にオープンした『よしもと幕張イオンモール劇場』も、平日は目も当てられない状況。お笑い番組が激減し、無名芸人ばかりが増えていく現状に、お笑い業界は頭を抱えています」(同)

 最後のブームが過ぎ去って久しいお笑い業界。再び盛り上がりを見せる日は、いつになるのだろうか?

最終更新:2014/12/16 00:39

『THE MANZAI』視聴率11%、『キングオブコント』8.3%、『R-1』7.2%……“お笑い氷河期”いつまで続く?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

やさぐれキャラ・納言の戦略

14日に生放送された『THE MANZAI2014~年間最強漫才師トーナメント!~』(フ...
写真